So-net無料ブログ作成
スポンサーリンク


スパイスカフェ えびカレー。ヽ(^o^)ノ ウマ ~イ! [おかず]

P_20190822_164621.jpg

にしきやで買ったスパイスカフェ えびカレーです。

先日もエビを使ったカレーを食べましたが、今回のものは少し毛色が違うようだったので、一体どう違うのか食べ比べてみたかったんですよね。

しつこいようですが、このカレーもにしきやでは終売になってしまったので、もう買うことは出来ません。(ToT)



P_20190927_115050.jpg

今回もご飯の色がおかしなことになっていますね。(゚∀゚)

ただ、このご飯はこれでも基本的には前回と同じ仕様で、卵を混ぜ込んであるんですよね。



P_20190927_115239.jpg

この怪しい色では、アップにしてもやはり卵が入っているようには見えないと思うのですが、(゚∀゚;) この色は実はビーツの色なんです。

この間たまたま私が買い物をするネットのお店で見切りになっていて、珍しいので買ってみたんですよね。

ビーツ自体はとても鮮やかな赤い色をしているのですが、それを卵と混ぜたら、このようなちょっと怪しいピンク色になったんです。

まあ、個性的な味のインドカレーには、ご飯もこれくらい奇抜な方がちょうどいいですよね?(-ε-)



P_20190927_115152.jpg

今回のカレーにもエビは形として残っていなかったので、挽き肉のように挽いた身が入ってるんだと思ったんですよね。

ところが、原材料を見てみるとエビの表記がないんです。ヽ(゚Д゚;)ノ マジデ?

どういうことなのかと思ったら、このカレーにはエビの殻をじっくり炒めた出汁が入っているということなんですよね。

殻の出汁だけじゃあまりエビの風味はしないんじゃないかと思いつつ一口食べてみると、これは風味がしないどころか、ものすごくエビの風味が濃い~んですよね~。ヽ(`д´;)ノ ナニャッ!!

エビはエビでもまさに殻を焼いた時の香ばしい風味がガンガン効いていて、この風味が個性的なインドカレーとよく合っているんですよ~。

また、このカレーは辛いことには辛いのですが、甘みが結構あるのと、少し油っこい感じもあるので、前回のエビカレーとはまた全然違うんですよね。

コンセプトが違うので、単純にどちらのカレーの方が美味しいという比較は出来ないのですが、このエビの香ばしい風味のするカレーは、ちょっと今まで食べたことのない美味しさだと思いました。(^o^)

ということで、このカレーが終売だなんてとても残念なので、また違う形でも是非再販して欲しいですね。(-ε-)


スポンサーリンク


nice!(22) 
共通テーマ:グルメ・料理

ヘンドリクス チキンカレー。(゚∀゚;) シブイ ! [おかず]

P_20190822_164643.jpg

にしきやで買ったヘンドリクス チキンカレーです。

このカレーもにしきやでは終売になってしまったので、もう買うことは出来ないのですが、今回もとても個性的なカレーでしたからね、やはり記録として残しておこうと思いました。



P_20190910_112728.jpg

今回は比較的穏やかな色合いですね。(-ε-)

ただ、今回はご飯をいつもとは少し違う仕様にしているんです。

前回、前々回と卵を合わせましたが、実は今回も卵を使っているんですよね。

前回までの失敗をふまえて、今回は卵は火を通すことにしようと思ったのですが、普通に固ゆでの卵を添えたのでは面白くないなと思い、ちょっといいことを思いつきました。



P_20190910_112858.jpg

炒り卵が混ぜ込んであるように見えると思いますが、これはレンジで作ったおから炒り卵なんです。

炒り卵をレンジで作ろうとすると、生地がパサパサで固くなってしまうことがありますが、卵と一緒に野菜(今回はきゅうり)とおからパウダーを少量混ぜて加熱すると、完全に火を通しても卵が堅くならないんですよね。エッ(゚Д゚≡゚Д゚)マヂ?

おから炒り卵をご飯と合わせると、まるでチャーハンのような見た目になりますが、このご飯はあくまでカレーと食べる用ですからね、味や油は一切加えていません。

ですので、このご飯だけ食べて美味しいものではないのですが、カレーにはこの炒り卵ご飯がすごく合うんですよね~。

これだと半熟卵のように変にカレーの味を変えることがなく、それでいてまろやかな優しい味が個性的なインドカレーなどには合うんですよね。(^。^)



P_20190910_112924.jpg

さて、肝心のカレーですが、ルーの色は焦げ茶色っぽく、鶏肉がゴロゴロ4個くらい入っていたので、見た目からしても期待できそうだったんです。

まずはこの鶏肉から食べてみると、かなりしっかりとした肉質で、胸肉だと思いますが、とてもマットな質感なんですが、これが適度に濃厚で辛みのあるルーと合っているんですよね。

ただ、このルーの味が意表を付かれたというか、ある程度は変わった味がすることは想像していたのですが、想像以上に独特の風味がしたんですよね~。ヽ(`д´;)ノ

かなり苦みや渋みが効いていて、独特なスパイスの風味がしたので、これは何の風味かなと思ったのですが、説明書きにクローブを使っていると書いてあるのを見て納得しました。

クローブはかなり強烈な風味がしますからね、これをしっかり効かせるとかなり個性的な味になると思うのですが、このカレーはあえてそういう個性的なスパイスの風味を効かせている感じなんですよね。

ですので、これは間違っても万人受けする味ではなく、大人向けというかマニア向けの味のように思ったのですが、私はこういう個性的なインドカレーはすごく好きですね~。(^。^)

もちろん、それでいて味も美味しいのですが、単純に味が美味しい、美味しくないではなく、このカレーには作っている人の個性とセンスを感じるんですよね。

特にインドカレーにはこういう独特で個性的な味を期待しますからね、今回も大満足だっただけに、これがもう買えないのかと思うと本当に残念ですね~。(ToT)


スポンサーリンク


nice!(14) 
共通テーマ:グルメ・料理

シバ シュリンプカレー。ヽ(゚Д゚ )ノ オオッ! [おかず]

P_20190822_164441.jpg

にしきやで買ったシバ シュリンプカレーです。

このシリーズは終売になってしまったので、もうにしきやのオンラインショップで買うことは出来ないのですが、このカレーもとても印象に残るカレーだったので、やはり記事に書いておこうと思いました。



P_20190907_114729.jpg

早速盛り付けてみましたが、前回に引き続き今回も卵を合わせています。

本当は半熟のゆで卵を合わせる予定だったのですが、ちょっと時間を間違えて温泉卵(風)になってしまったんです。

まあ、ビジュアル的にはこちらの方がより美味しそうに見えますが、あくまで温泉卵風であって、実際はただの黄身のゆる過ぎる半熟卵ですからね、意図していたものとは違うんですよね。(-ε-;)



P_20190907_114813.jpg

ご飯に混ぜ込んであるのは玉ネギとキュウリですが、玉ねぎはハイビスカスで赤く色を付けてあります。

赤、青(緑)、黄色がそろうとやはり見栄えがしていいですね。(-ε-)



P_20190907_114826.jpg

今回のカレーはシュリンプカレーということで、エビを使ったカレーなのですが、前回同様に形として残っているエビは入っておらず、挽き肉のようにエビの身を挽いたものが入っているようでした。

ちょっと物足りなそうだなと思いつつ食べてみたのですが、これは思いの外エビの風味が濃いんですよね~。ヽ(゚Д゚ )ノ オオッ!

目には見えませんが、紛れもないエビの風味が効いていて、その風味がまたインドカレーとよく合うんですよね~。

ただ、これも予想外だったのですが、このカレーはかなり辛い上に渋~い味がしたんです。

渋いというか焦がし玉ねぎのような苦味がしたのですが、これはおそらくこのカレーは油を一切使っていないということで、玉ねぎやスパイスの苦味が強く出ているんじゃないかと思います。

また、なぜか繊維感の残る食感だったので、何らかの野菜かなと思ったら、このカレーにはローストココナッツが使われているんですよね。

そのおかげなのか、旨みやコクも十分に感じられて、ノンオイルとは思えない美味しさなんですよね~。エッ(゚Д゚≡゚Д゚)マヂ?

個人的にはこういう渋い味がするカレーはすごく好きなので、このカレーは私はかなり気に入りました。(^o^)

ただ、今回の半熟卵もこのカレーには合いませんでしたね~。(-д-;)

トロトロの卵の黄身で辛みや渋みはマイルドにはなりますが、このカレーは辛味や渋みが特徴だと思うので、それをぼやかしてしまうのは何か違うかなという気がしました。(-ε-;)


スポンサーリンク


nice!(17) 
共通テーマ:グルメ・料理

ムーナ ムーナムフィッシュカレー。(^。^) [おかず]

P_20190822_164550.jpg

にしきやで買ったムーナ ムーナムフィッシュカレーです。

先日お知らせした通り、にしきやのオンラインショップでは残念ながらこのカレーは昨日で終売になってしまったので、もう買うことが出来ないんですよね~。(-д-;)

にしきや以外で売っているところはほとんどないんじゃないかと思いますが、私がネットで検索したところ、取り扱っているお店が1つ見つかったので、気になる方は検索をかけてみてください。



P_20190903_114136.jpg

早速盛り付けてみましたが、今回は特別変な見た目ではないですよね。(-ε-)

色も至って普通ですが、ご飯に何やら乗っていますね。



P_20190903_114220.jpg

これいわゆるスクランブルエッグのようなものなのですが、一般的なものよりはクリーミィで半熟っぽく仕上げてあります。

卵にはゴーヤとにんじんを混ぜ込んであるのですが、前回ご飯にゴーヤを混ぜて失敗しましたからね、今回は卵に混ぜ込むことでゴーヤの苦味をマイルドにしようと思ったんです。



P_20190903_114254.jpg

今回のカレーですが、タイトルにもあるようにお魚を使ったカレーなんです。

と言っても、お魚はほぐし身としてルーに溶け込んでいるようだったので、目に見える具としては入っていなく、ルーはお魚と野菜でかろうじてとろみがついているような、基本的にはサラッとしたカレーでした。

インドカレーにはお魚を使ったカレーは時々ありますが、ちょっと珍しいのはこのカレーにはが使われているんですよね~。エッ(゚Д゚≡゚Д゚)マヂ?

鮭というと日本の焼き魚やサーモンなどのお刺身を思い浮かべてしまうので、カレーに使うと一体どんな味がするのか、興味津々食べてみたんです。

すると、まず一口目はなんだかエビのような風味がしたんですよね~。

まあ、お魚もエビも魚介類ということで、似たような風味がするとは思うのですが、私が今まで食べたことがあるお魚カレーとは全然風味が違うと思いました。

鮭とかイクラってちょっと独特な風味がしますよね、あれがインドカレーの独特なスパイスと合わさると、エビのようなちょっと変わったシーフード風味になるみたいですね。

クセモノ同士で相性がいいというか、初めて食べる鮭カレーでしたが、これはなかなかインドカレーに合っているんじゃないかと思いました。(^。^)

また、このカレーはトマト由来かなと思われる酸味や、スパイシーな辛みもそこそこ効いていますが、油っこさはそれほどなく、全体的にはバランスのいい味だと思いました。

しいて言えば少し塩気が強いとは思いましたが、特別奇抜な味ではなかったので、これなら比較的日本人にも食べやすい味ではないかと思いました。

比較的食べやすいとはいえ、個性的な味のインドカレーだとは思ったので、こういうカレーはまた是非食べてみたいですね。

ちなみに、ゴーヤはスクランブルエッグに入れたことで大分食べやすくなりましたが、マイルドなスクランブルエッグはこのカレーの味をぼやかしてしまうので、組み合わせとしてはあまり合っていませんでした。∑(゚д゚lll)ガーン


スポンサーリンク


nice!(18) 
共通テーマ:グルメ・料理

カッチャルバッチャル スパイシーマトンカレー。ヽ(`д´;)ノ ノアッ! [おかず]

P_20190822_164518.jpg

にしきやで買ったカッチャルバッチャル スパイシーマトンカレーです。

これはにしきやのオンラインショップで売っているラブインディアというシリーズのカレーで、ちまたの有名シェフのインド料理がレトルトで味わえるというものです。

このシリーズは私は2~3年前から知っていて、すごく食べてみたいと思っていたのですが、何だかんだとずっと買いそびれてしまっていたんですよね。(-ε-;)

でもこのままモタモタしていたら、そのうち買えなくなるんじゃないかと思ったので、先月ようやく思い切って買ったのですが、まさかの本当にこのシリーズは今月の20日までで終売になってしまうらしいんです。ヽ(゚Д゚;)ノ エエッ!

にしきやのオンラインショップでは、先日のリニューアルで私の大好きなインド料理も大幅に種類が減ってしまったのですが、こちらのシリーズまでなくなってしまうなんて本当に残念です。(ToT)

それでもかなり楽しみにしていたカレーですからね、終売になってしまうことがわかっていても、記事には書きますよ~。(`ε´)



P_20190830_114918.jpg

今回の盛り付けも色がおかしいですね。(-ε-)

カレーがかなり個性的らしいというのがわかっていたので、ご飯の方もカレーに負けない感じにしたかったんですよね。



P_20190830_115107.jpg

ご飯に混ぜ込んでいる野菜はゴーヤと玉ネギなんですが、玉ネギは紫玉ネギではありません。

見事な紫色をしていますが、これはまたブルーベリーサプリメントで付けた色なので、元はごく普通の白い玉ネギです。

ゴーヤを使ったのはこの時期たまたま手に入ったこともありますが、カレーに負けないくらいのインパクトがあると思ったからです。

色合い的にも緑と紫だとインパクトがあっていいですよね。(-ε-)



P_20190830_115051.jpg

このカレーはお肉はマトンが使われているのですが、中くらいのお肉が3個くらい入っていました。

早速食べてみたのですが、これは予想以上にかなりパンチの効いた味がしたんです。ヽ(`д´;)ノ ノアッ!

辛いのもそうなのですが、苦味とか渋みがすごく効いていて、これはおそらくじっくり炒めた玉ネギと独特なスパイスの風味だと思うのですが、ここまで渋いカレーはあまりないんじゃないかと思います。

辛味もどこか唐辛子とは違うようなと思ったら、これはブラックペッパーの辛味だったんですよね。

ブラックペッパーは唐辛子のような強烈な辛味ではありませんが、それでもたくさん使えばピリピリと舌がしびれるような辛味がきますよね~。

この強烈な風味のせいか、マトン臭さなどは全く気になりませんでしたが、全体的に甘みはあまりなく、油脂も控えめで比較的あっさりとしているので、やや物足りない感じはしました。

それでも、これはこれで完成しているというか、何か甘みや味を足してしまったのでは、このカレーの個性が失われてしまうので、そこは付け合せで補えばいいと思うのですが、そういう意味で今回合わせたゴーヤは大失敗だったんですよね~。

個性的なカレーならゴーヤの苦味も吹き飛ばしてくれるかと思ったのですが、このカレーは渋い味がするので、ゴーヤの苦味とかぶってしまって、一緒に食べると余計に渋い味になってしまうんですよ~。ヽ(´д`;)ノ

仕方がないので急きょゴーヤは取り除いて食べたのですが、やはりこういう個性的なカレーは合わせるものも選びますね~。

今回もご飯はジャスミンライスにしたのですが、これは正解だったと思います。

日本のご飯のような甘みがあってまろやかなご飯では、このカレーの個性を半減させてしまうかもしれないので、このカレーを存分に味わうなら、タイ米やバスマティライスで食べた方がいいと思います。

ただ、逆に日本のご飯を合わせれば、この強烈なカレーが大分食べやすくなるとは思うので、あえて日本のご飯で食べるというのもアリかもしれませんが。(-ε-)


スポンサーリンク


nice!(26) 
共通テーマ:グルメ・料理

にしきや レモンスパイシーチキンカレー。(^。^) [おかず]

P_20190822_164700.jpg

にしきやのレモンスパイシーチキンカレーです。

私はよく楽天市場などでにしきやのカレーを買うことが多いのですが、これはにしきやのオンラインショップから直接買ったんです。

というのも、最近にしきやのオンラインショップがリニューアルしたらしく、以前にも増してかわいくておしゃれなサイトになっていたんですよね。

その上、先月までこの非売品の夏カレーをもらえるキャンペーンをやっていたので、これはもう買うしかないと思ったんですよね。ヽ(`д´;)ノ ニャニィ~!

私が今回購入したのはインドカレーばかりですが、それ以外にもちょっと変わったカレー、スープ、洋食、パンケーキソースまで、色んな商品が売っているんですよ~。エッ(゚Д゚≡゚Д゚)マヂ?

ちょっとしたプレゼントにもピッタリな感じの商品がたくさんありますからね、特に女性にはおススメだと思いますよ。(^。^)



P_20190825_113346.jpg

ということで、早速このプレゼントでもらったカレーを食べてみました。

比較的シンプルな盛り付けにしましたが、ご飯の色は普通ではないですね。(-ε-)



P_20190825_113550.jpg

夏っぽい雰囲気を出したくて青いお粉で色を付けたのですが、食べ物の色としてはやはり微妙ですよね。(゚∀゚;)

ご飯に混ぜ込んでいる野菜は玉ねぎときゅうりですが、この2つはレンジで加熱したくらいでは食感は残るので、カリカリとした食感が夏らしいさっぱり感を出してくれるんです。

また、今回はご飯はジャスミンライスですが、これもパラパラとしたあっさりとした食感が夏らしくていいんですよね。(^。^)



P_20190825_113611.jpg

カレーはチキンカレーということでしたが、大きめのお肉がゴロゴロ入っていました!ヽ(゚Д゚ )ノ オオッ!

鶏の胸肉だと思いますが、肉質のしっかりとしたマットな質感のお肉で、食べ応えがあるので十分な満足感があります。

味の方もスパイシーというタイトルの通り、スパイスが効いていてある程度は辛みもあるのですが、まろやかさと適度な甘みもあるので、よほど辛いものが苦手でなければ食べられるんじゃないかと思います。

レモンは酸味としてはそれほど効いていないので、酸っぱくて食べにくいということはなく、誰にでも食べやすくて美味しいカレーだと思いました。

インドカレーのような個性的な特徴はあまりありませんが、やはりにしきやのカレーは間違いないなと思いました。

にしきやのオンラインショップ以外にも、楽天市場などでもにしきやのカレーを取り扱っているお店はたくさんあるので、私もまた他のカレーを買ってみようと思っています。(^。^)



スポンサーリンク


nice!(20) 
共通テーマ:グルメ・料理

鳥肌の立つカレー キーマカレー。(-ε-) [おかず]

P_20190810_112205.jpg

アマゾンで買った鳥肌の立つカレー キーマカレーです。

このカレーは輸入食材店などでよく見かけることがあり、パッケージも目立つので気になってはいたのですが、なぜか一度も買ったことはなかったんですよね。

今回アマゾンで買い物をするついでに目に付いたので、ここいらで一度食べてみようと思ったんです。(-ε-)



P_20190810_113835.jpg

早速用意してみましたが、今回も変な盛り付けですね。(゚∀゚)

いつもと同じではつまらないなと思ったので、何となくおから団子をクロスさせてみたんです。

クロスさせると必然的に全体が4分割されますが、ご飯とカレーは2種類ずつあるわけではなく、1種類が2等分されているだけです。(-ε-)



P_20190810_114104.jpg

おから団子には大根と青汁を混ぜ込んでありますが、青汁だけだとくすんだような緑色になってしまうので、ターメリックを少し加えてあるんです。

ターメリックはかなり鮮やかな色が出ますが、青汁と組み合わせるとやはりとてもきれいな黄緑色になるので、最近この組み合わせはよくやるんです。(^。^)



P_20190810_114049.jpg

ご飯の方はハイビスカスで赤紫色にしようと思ったのですが、ついうっかり大豆たんぱくを混ぜ込んでしまったために、せっかくの鮮やかな赤紫色がくすんだ紫色に変色してしまったんですよね~。(-д-;)

大豆やおからパウダーなどは酸やアルカリの変色に影響するので、加えるときは気を付けなければいけないのですが、まあ大丈夫かなと思ったら全然大丈夫ではなかったですね。(゚∀゚;)



P_20190810_114024.jpg

カレーの方はというと、ご覧の通りかなり油リッチなんですよね~。(ノ゚⊿゚;)ノ ゲッ!

油が分離してしまっているインドカレーなどは、私は実は苦手だったりするのですが、私にはおからパウダーという強い味方がありますからね、今回もおから団子を添えることで、この油っこいカレーも問題なく食べることが出来ました。(-ε-)

細かく挽かれた鶏肉や野菜が入っているので、少しとろみがあるようにも見えますが、日本のカレーのように粉でとろみがついているわけではありません。

鳥肌の立つカレーということで、そんなに美味しいのか、それとも辛いのかと期待と警戒して食べてみたのですが、確かに一般的なカレーに比べればかなり辛いものの、鳥肌が立つほどには辛くありませんでした。

味の方もこのカレーは化学調味料などは一切使われていないということで、とても自然な味で好感が持てるのですが、いまいち旨みが足りないように感じたんです。

スパイスがしっかり効いている感じなので、鶏臭さがないのはいいのですが、なぜか鶏の旨みもあまり感じないんですよね。

甘みがほとんどないせいもあって、旨みを感じにくいのかなとも思ったのですが、旨みだけでなく塩分の割に塩気も弱く感じたんです。

ですので、辛みの効いたナチュラルなインドカレーという感じで、私はこういうのはとても好きだし美味しいとは思ったのですが、至って普通に美味しいという感じなので、やはり鳥肌は立ちませんでしたね~。(゚∀゚;)

ただ、この塩気に関してはもしかしたらこの多すぎる油が原因?とも思えたので、次回ちょっと違う食べ方で検証してみようと思います。(-ε-)




スポンサーリンク


nice!(18) 
共通テーマ:グルメ・料理

無印良品 プラウンマサラ。(´~`) モグモグ [おかず]

P_20190730_113058.jpg

無印良品のプラウンマサラです。

今回も無印良品のお店からではなくロハコで買いました。ロハコでは日用品を時々買うので、ついでに無印のカレーを買うことが多いんですよね。

無印良品のカレーは本格的で美味しいインドカレーがたくさんそろっていますからね~、今回のプラウンマサラは海老を使ったクリーミーなカレーということで、いかにも美味しそうだったので買ってみたんです。



P_20190730_121240.jpg

さて、今回も怪しい色をしていますね。(-ε-)

カレー自体はかなり明るいオレンジがかった黄色だったので、ご飯はそれと対比するような色にしてみたんです。



P_20190730_121452.jpg

ご飯にはいつものように大根と大豆たんぱくを混ぜ込んであるのですが、この黒っぽい色はブルーベリーエキスの色なんですよね。

そしてご飯の上にトッピングしてあるのは紅ショウガではなく大根ですが、この色もブルーベリーエキスの色なんです。エッ(゚Д゚≡゚Д゚)マヂ?

ブルーベリーエキスなので、本来は濃い紫色をしているのですが、ご飯の方はそこに重曹を加えてあり、トッピングの大根にはクエン酸を加えているんです。

ブルーベリーの色素はアルカリ性では緑~黒っぽく変色し、酸性だと鮮やかなピンク色に変色するので、同じブルーベリーでもこのように全く違う色になるんです。



P_20190730_121412.jpg

カレーはエビのカレーということで、小さめのエビが3匹と、目に見える野菜としては大きめのたけのこが2個入っていました。

具の量としてはこれではちょっと少ないなあと思いつつ食べてみたのですが、これ味はとっても美味しいんですよね~。(^o^)

インドカレーということで、スパイスの効いた本格的な味がするのですが、ココナッツミルクが使われているので、あまり辛味がないどころか、むしろクリーミィでまろやかな味がするんです。

インドカレーにしてはとろみが強いので、このカレーはカロリーはそれほど高くないのですが、より濃厚に感じるんですよね。

具のエビは数こそ少ないのですが、濃縮したエビの旨みとカレーの風味が染みていて美味しかったし、何よりもルーにもこのエビの濃厚の風味がふんだんに溶け込んでいる感じなんですよね~。ヽ(゚Д゚ )ノ オオッ!

時々、具の味とルーの味が一致しないどこか不自然なカレーを見かけることがありますが、(-ε-) このカレーはちゃんとルーにも海老のエキスが効いているので、まさにエビカレーっていう味がするんです。

この味だとご飯と食べても美味しかったですが、ナンとレタスなんかと食べても合うんじゃないかと思ったので、また機会があれば試してみたいと思いました。(^。^)


スポンサーリンク


nice!(15) 
共通テーマ:グルメ・料理

カレーの壺 チキンカレー。ヽ(^o^)ノ ウマ~イ [おかず]

P_20190606_145308.jpg

カレーの壺 チキンカレーです。

先日このシリーズのポークカレーの方を食べましたが、やはりチキンも外せないかなと、こちらも一緒に買っておいたんですよね。

ポークカレーの方が思いの外美味しかったので、こちらの定番のチキンの方はそれほどではないかなと思っていたのですが、これはいい意味でかなり期待を裏切られたんですよね~。(-ε-)



P_20190721_114428.jpg

今回もおから団子を合わせてみましたが、前回とは色合いが大分違いますね。

盛り付けは似たような感じなのですが、お皿も違うとイメージが変わりますよね。

このシリーズのカレーはややリッチでカロリーが少し高めなので、おから団子とは相性がいいんです。



P_20190721_114534.jpg

ご飯にはまたアイハーブで買った青いお粉で色を付けています。

ご飯というかまず大根に色を付けてからご飯と混ぜ合わせているのですが、これを夏らしいと取るか、奇抜な色と取るかは微妙ですよね。(゚∀゚;)

おから団子の方にはレタスと青汁を混ぜ込んでいます。

この組み合わせはやや渋い味になるので、決して美味しい味というわけではないのですが、おから団子にすると不思議と全然食べられるし、今回のようなリッチなカレーにはとても合うんです。ヽ(゚Д゚;)ノ マジデ?



P_20190721_114619.jpg

カレーはチキンカレーということで、小さめの鶏肉がそこそこ入っていましたが、具としてはちょっと少ないかなという感じでした。

また、何か黒っぽい葉っぱの切れ端のようなものがたくさん浮かんでいたのですが、これはカレーリーフでしょうか?タイやインド、スリランカのカレーには葉っぱがよく使われている気がします。(-ε-)

ルーはサラッとした質感をしていたので、あっさりしていそうだと思いつつ食べてみたのですが、これ意外と濃厚なんですよね~。

質感がサラッとしていると、濃厚な感じも薄れてしまいますが、ココナッツミルクが効いているからでしょうか、まろやかさが加わってコクが出ている感じがしました。

ただ、ココナッツミルクはそれほど前面には出ていない感じで、基本的にはこのカレーは結構辛いです。

辛いですが絶妙なスパイス使いという感じで、ただ辛いだけではなく本格的な味がしてとっても美味しいんですよね~。(^o^)

ルーには鶏肉の旨みもすごく溶け込んでいる感じがするし、これはちょっと今まで食べたインドやそちら方面のチキンカレーの中では一番美味しかったんじゃないかと言う気がします。ヽ(゚Д゚;)ノ マジデ?

個人的にはインドカレーなどだとチキンカレーが一番好きで美味しいとも思っているのですが、これはかなり自分の理想のチキンカレーに近い感じがしたんですよね。

ということで、前回のポークもかなり美味しかったし、今回のチキンもすごく美味しかったので、このカレーの壺の商品はこれからも要チェックですね!(-ε-)/



スポンサーリンク


nice!(31) 
共通テーマ:グルメ・料理

選ばれし人気店 アルペンジロー 特製ビーフカリー。(-ε-) [おかず]

P_20190714_115347.jpg

ハウスの選ばれし人気店シリーズ アルペンジローの特製ビーフカリーです。

少し前に食べたこのシリーズの魯珈(ろか)のカレーは、市販のレトルトカレーらしからぬ攻めた味で美味しかったので、同じシリーズの他のカレーも食べてみたくなったんですよね。

このシリーズはいずれもちまたで人気のお店のカレーを再現したということで、どれにしようか迷ったのですが、今回は王道のビーフカレーを選んでみました。



P_20190716_122837.jpg

今回はインドやタイなどの変わったカレーではありませんからね、シンプルに盛り付けてみました。(-ε-)

いつも変な盛り付けばかりをしているので、これだと逆に何だか寂しい気がしてしまいます。(゚∀゚)



P_20190716_122926.jpg

ご飯にはターメリックで色を付けた大根と大豆たんぱくを混ぜ込んであります。

あまりにシンプルだったので、何か緑の葉っぱでも添えたかったのですが、なかったので赤いカイエンペッパーを振りかけて、気持ち彩りと風味のアクセントにしてみました。



P_20190716_123025.jpg

今回はビーフカレーということで、とろみのある一般的なビーフカレーを想像してしまいそうになりますが、このカレーはとろみがかなり少なく、スープカレーに近いサラッとしたルーなんですよね。エッ(゚Д゚≡゚Д゚)マヂ?

色はビーフカレーらしい少し黒っぽい色をしていて、お肉はこの写真では小~中くらいのお肉が4個写っていますが、これは全量の半分なので、全部だと8個は入っていたんですよね~。ヽ(゚Д゚ )ノ オオッ!

アマゾンなどのレビューだとお肉が少ないと書いている人もいたので、もしかしたら私はラッキーだったのかもしれませんが、レトルトでこのお肉の量はすごいなと思いました。

食べてみると、まずこれは中辛と書いてある割にはちょっと甘いかなと思いました。

野菜の甘みという感じで不自然な感じはしなかったのですが、それにしてもちょっと甘みが強いなと思って原材料を見てみると、はちみつ、りんごペースト、砂糖、カラメルシロップ、チャツネ、加工黒糖など、何だか色んな甘味料が入っていました。

おそらく味に深みを出すために少しずつ入れているんだとは思うのですが、個人的にはこんなに入れなくてもいいような気はしました。(゚∀゚)

少し甘めではありますが、スパイスは適度に効いている感じで辛みも少しあり、牛肉らしい気持ち渋い風味や旨みも感じられます。

ルーがサラッとしている割にはコクもあると思うのですが、これは王道のビーフカレーということもあり、あまり特徴のあるカレーではないからか、もう一つ決め手に欠けるような感じはしました。

複雑な味はするし、バランスのいい味とも思えるのですが、前回のように印象に残る味ではなかったですね。

とは言え、比較的安いレトルトカレーでこのお肉の量と味なら私は特に不満はなかったので、アマゾンの辛口のレビューではちょっと気の毒だなと思いました。(^_^;)


        

スポンサーリンク


nice!(20) 
共通テーマ:グルメ・料理