SSブログ
スポンサーリンク


前の5件 | -

スパイシーバターチキンカレードリア?(-ε-) [手作り アレンジ]

P_20210209_151707.jpg

この間もんこさん監修のスパイシーバターチキンカレーのお肉だけ食べたので、今度はルーの部分も食べてみました。

ただ、お肉を食べてしまった分、ルーだけではさすがに寂しいので、いつものように豆か大豆たんぱくでも加えようと思ったのですが、今回はちょっといいことを思いつきました。(-ε-) ピコーン♪

ちょうどうちに豆腐があったのですが、前にもんこさんがツイッターで麻婆カレーのようなものを作っていたことを思い出し、私も真似っこしてみることにしたんです。(-ε-)



P_20210506_111218.jpg

ということで出来たのがこちらですが、もんこさんが作っていたものとは大分違う感じになりました。(゚∀゚;)

もんこさんのカレーは豆腐をカレーに入れて煮込んであるんだと思いますが、レトルトをアレンジする場合、豆腐をカレーに入れて煮込むと水が出て、せっかくの美味しいカレーが薄まってしまうのではないかと思ったんですよね。

そこで、煮込むのではなく水切りした豆腐にカレーを絡めて焼くだけにすれば、元のカレーの味を損なわずに食べることが出来るんじゃないかと思ったんです。

それに、この間カレーのお肉をグリルで焼いたらとても美味しかったですからね、今回も焼きカレーというかカレードリアのような感じにしてみたんです。



P_20210506_111332.jpg

豆腐でも魚焼きグリルで焼き色が付くまで焼くと、とっても美味しそうに見えますよね~。(^。^)

ご飯は豆腐とカレーの下に隠れていますが、いつものようにご飯には野菜を混ぜ込んであります。

野菜は今回はキャベツを使って、ご飯はやや固めのものを使っています。

キャベツはレンジで加熱してから混ぜ込んでいますが、それでも少し水分は出てくるし、カレーや豆腐の水分も出てくるので固めの方がいいんですよね。

レシピという程のものでもありませんが、一応作り方も書いておきます。


<材料>1人分 約350kcal(使うカレーのカロリーによって変わります。)
ご飯(固め)・・・100g
キャベツ・・・50g
豆腐・・・75g
カレー・・・60g
塩、コショウ・・・少々


<作り方>
① キャベツを粗めの千切りにして軽く塩コショウをし、器に入れて500Wのレンジで1分くらい加熱したら、ご飯と混ぜ合わせておきます。
② 豆腐は厚さ1cmくらいに切って、そのまま30分くらいおいて、出てきた水気を切っておきます。
③ 耐熱容器に①のご飯を入れ、その上に豆腐を並べ、レトルトカレーをまんべんなく回しかけ、さらにコショウを少々振りかけます。
④ 魚焼きグリルの弱火で、こんがりと焼き色が付くまで10分くらい焼きます。


こうして出来たカレードリア(?)ですが、自分でした味付けは塩コショウだけなのに、とても美味しかったですよ。(^。^)

全てはもんこさんのカレーの力ですが、(゚∀゚) このカレーはクローブなどの独特のスパイスの風味が効いた本格的な味で、辛いのが苦手だというもんこさんが監修したにしては結構辛いんです。

酸味も少しありますが、全体的にバランスのとれた味で、私などが文句の付けようもないくらい美味しいカレーでした。ヽ(゚Д゚ )ノ オオッ!

アレンジして良かったことは、豆腐と合わせることでまろやかさが加わって辛みがやわらぎ、焼いたことでより香ばしい風味になったことでしょうか。

ということですが、もんこさんのカレーは予想以上に美味しくて、チキンの大きさも半端ないので、これはかなりおススメなカレーだと思います。(^o^)




スポンサーリンク


nice!(15) 
共通テーマ:グルメ・料理

iHerb(アイハーブ)のジンジャー&ターメリック風味の薄焼きビスコッティ。(-ε-) [アイハーブ]

P_20201117_124118.jpg

iHerb(アイハーブ)で買ったAlmondina, Almond Bites, Ginger Turmeric Almond, 5 oz (142 g)です。

これはジンジャー&ターメリック風味の薄焼きビスコッティのようなお菓子です。

このメーカーのビスコッティは色んなフレーバーがありますが、形状も2種類あって、今回買ったものは一口サイズで、まるで小さなパウンドケーキを薄切りにしたような形をしているんです。



P_20210219_151334.jpg

袋を開けてみると、今回は結構細かく砕けているものも多く、パウンドケーキのような原形をとどめているものは少なかったです。(-ε-;)

薄切りなのと、全体的に生地に対してアーモンドの割合が多いので、ちょっと割れやすいのかもしれませんね。

今回はターメリックが入っているということで、見た目も黄色いっぽい色をしていました。



P_20210219_151543.jpg

早速食べてみると、相変わらずこちらのビスコッティは食感がいいですね~。

薄切りなので堅いけど堅すぎず、適度な歯ごたえがあっていいんですよね。(^。^)

味も生地は少し甘いのですが、アーモンドの割合が高いので、全体的にはそれほど甘くないんです。

ターメリックが入っているので、やや薬っぽい風味や苦味があるかと思いきや、それはほとんど気にならなかったのですが、ジンジャーは結構効いていて、時々ピリッとした辛味が来るんですよね。

また、このシリーズはナッツの酸化臭が気になることが多いのですが、今回は少しだけ気になったものの、許容範囲な感じではあったので、美味しく食べることが出来ました。(-ε-)

Almondinaの商品はこちらから。


iHerb(アイハーブ)で買い物をする方は、以下の紹介コードをクリックするか、買い物カートのコード欄に入力して、その右側にある利用するボタンをクリックして下さい。5%割引きになりますよ!(^。^)

紹介コード HIZ293


スポンサーリンク


nice!(13) 
共通テーマ:グルメ・料理

もんこさんのスパイシーバターチキンカレーのお肉。(-ε-) [おかず]

P_20210209_151707.jpg

一条もんこさん監修のスパイシーバターチキンカレーです。

以前にもんこさんのあしたのカレーを食べたことがありますが、あちらはインドカレーに詳しいもんこさんが、敢えて日本の家庭のカレーの味を再現して作ったカレーだったんですよね。

あしたのカレーもとても美味しかったのですが、やはりもんこさんが作るインドカレーは食べてみたかったですからね、こちらはちょっと高級な部類のカレーになりますが、思い切って買ってみることにしました。(-ε-)



P_20210505_104336.jpg

早速盛り付けてみましたが、今回はカレーのルウの部分はほとんど使わず、カレーに入っているお肉だけを使いました。

というのも、このカレーは260gと量が多めなのですが、その半分くらいはお肉で占められているというすんごいカレーだからなんです。ヽ(゚Д゚;)ノ エエッ!

最初はカレーも一緒に食べようと思っていたのですが、いざ取り出してみたらお肉のあまりの大きさに、これだけでも多すぎるかも・・・とひるんでしまい、とりあえずこのお肉だけを食べることにしたんです。(-ε-;)



P_20210505_104227.jpg

この一緒に盛り付けてある怪しいご飯には大根を混ぜ込んであります。

緑の方は大根の茎の部分ですが、黒い方は大根の本体の部分に重曹とブルーベリーで色を付けてあります。

重曹とブルーベリーを加熱すると黒っぽく変色するので、それをご飯に混ぜ込めば黒米っぽくなるかなと思ったのですが、ただの怪しいだけのご飯になってしまった気がします。(゚∀゚;)

怪しいのはご飯がちょっとべチャッとした質感をしているからかもしれませんが、実はこれは今回のご飯がジャスミンライスのもち米を使っているからなんです。

タイ米のもち米はカオマンガイなどで使われるので、今回のカレーのチキンと合わせればカオマンガイ風?などと思い、使ってみようと思ったんですよね。(-ε-)



P_20210505_104152.jpg

こちらも強烈な色をしていますが、これも大根とブルーベリーを使っています。

ただし、こちらは重曹ではなくてクエン酸を加えているので、鮮やかな赤紫色になっているんです。

インドカレーはやはり奇抜な色合いだとそれらしくなりますからね~、ブルーベリーなどの色素が出るものと、それに良く染まってくれる大根、そして変色グッズとして重曹とクエン酸は私には必須なんですよね。(-ε-)

今回は気持ち塩と砂糖を加えて味付けしてありますが、私はカレーと合わせる場合は何の味も付けないことが多いです。

野菜はレンジで加熱するだけでも美味しいと思っているし、カレーはたいてい味が濃いですからね、付け合わせは味がないくらいで私にはちょうどいいんです。(-ε-)



P_20210505_104050.jpg

さて、メインの骨付きチキンですが、これ本当に巨大なんです!

まさにこぶし大という感じで、こんな大きなお肉が入っているレトルトカレーは今まで見たことがありません。ヽ(゚Д゚ )ノ オオッ!

以前に何度か手羽元が丸ごと入っているカレーは食べたことがありますが、チキンレッグのカレーというのは初めてです。

焼き色がしっかりとついていますが、実はこれは私が魚焼きグリルでこんがりと焼いたんですよね。

このお肉はベイクドチキンとあったので、すでに焼いてあるようだったのですが、皮がしっかりと付いているし、ルウが付いた状態で焼けばさらに香ばしくて美味しくなると思ったんです。

せっかくこれだけ立派なお肉ですからね、より完璧な状態で食べたいと思ったんですよね。(-ε-)

というところで早速このお肉を食べてみたのですが、ホロッと崩れるような肉質でやわらかく、それでいて量が十分にあるので食べ応えもあり、とっても満足感があるんです~。ヽ(^o^)ノ ワ~イ

美味しいお肉をこんなにたくさん食べられる幸せ!(*´∀`*) 貧乏性の私ではなかなか用意出来ない量なのですが、多すぎると思いきや美味しくてあっという間にペロリと全部食べてしまいました。(゚∀゚;)

カレーの味も良く染みていて、スパイシーな感じで美味しかったのですが、今回はほとんどルウを食べていませんからね、カレーの味についてはまた今度別の記事で書こうと思います。(-ε-)






スポンサーリンク


nice!(17) 
共通テーマ:グルメ・料理

iHerb(アイハーブ)のココナッツ&カシューバターシリアル。(^。^) [アイハーブ]

P_20210209_151909.jpg

iHerb(アイハーブ)で買った Nature's Path, クランチーグラノーラ、ココナッツ&カシューバター、312 g(11 oz)です。

これはココナッツとカシューナッツを使ったシリアルです。

私はシリアルは主にあまり味の付いていないシンプルなものを買うことが多いのですが、甘い味が付いているグラノーラのようなものも時々買っています。

というのは、市販の普通のお菓子は私には油っこかったり甘すぎることがあるのですが、グラノーラだと油っこさはほとんど感じないし、甘みも控えめなことが多いので、お菓子の代わりに買うことも多いんです。

特に Nature's Path のシリアルは美味しいものが多いという印象なので、まだ買ったことのなかったこの商品を買ってみることにしました。



P_20210209_152258.jpg

袋を開けてみると、主に入っているのは塊になっているオーツとそれがばらけたオーツで、そこにシュレッドココナッツカシューナッツが入っていました。

ただ、ココナッツはやや少なめ、カシューナッツはかなり少なめでした。

どうやらカシューナッツは丸のままではなく、カシューバターとしてオーツの味付けに主に使われているようです。

見た目は至って普通だったのですが、食べてみるとこれが絶妙に美味しかったんですよね~。(^。^)

まず塊になっているオーツはザクッとした適度な噛み応えがあり、ココナッツやカシューナッツのやや軽めの食感との違いがいい感じです。

味もココナッツの風味が効いていて、甘さはそこそこあるけど甘過ぎず、おやつ代わりに食べるにはちょうどいい感じなんですよね~。

シリアルバーなどだと市販のお菓子以上に甘いものもありますが、これはそのまま食べても程よい甘みなんですよね。

朝食などに食べるとちょっと甘いと感じることはあり、そういう場合はヨーグルトと合わせるといい感じですが、基本的にはそのまま食べるのが一番美味しいかなと思いました。

海外のシリアルにありがちなワラっぽいクセのある風味もしなくて、日本人好みの味だと思ったので、これはかなりおススメじゃないかと思います。(-ε-)

Nature's Path の商品はこちらからどうぞ。


★現在 iHerb(アイハーブ)では期間限定でアプリで注文すると20%OFFになるセールをやっています。
以下のリンクをクリックしてアプリから注文すると、日本時間の6月1日午前2時まで全ての商品が20%OFFになりますよ。ヽ(゚Д゚;)ノ エエッ!

プロモコード SHOPAPP

※もしプロモコードが適用されていなければ、カート画面のプロモコード入力欄に SHOPAPP(小文字でも大丈夫です。)と入力してくださいね。


スポンサーリンク


nice!(28) 
共通テーマ:グルメ・料理

オサカーナ モッツァレラチーズバター。(*´∀`*) オイチィ~♪ [おやつ(国内)]

P_20201123_145634.jpg

楽天市場のタマチャンショップというお店で買ったオサカーナ モッツァレラチーズバターです。

これは小魚とナッツがミックスされたお菓子ですが、こういうお菓子は昭和の時代からありましたよね。

時々うちの父が食べていたので、私も食べたことはありますが、どうもお魚臭いのと、一緒に入っていたピーナッツもあまり品質が良くなかったからか、あまり美味しいとは思えなかったんですよね。(-ε-;)

ですので、大人になってからも自分で買って食べることはなかったのですが、楽天市場から来るメルマガでよく紹介されているのを見ているうちに、なんかこれ美味しそうだなと思えてきたんです。

というのも、これ、パッケージがまずとってもかわいいですよね~。いかにも女性を意識したパッケージで、昭和の時代のお父さんのおつまみというイメージは全くありませんよね。(-ε-)

中身もお魚は定番の片口イワシですが、ナッツはアーモンドが使われているんです。

アーモンドってちょっとオシャレで健康的なイメージがありますよね。

さらに、このオサカーナは何と現在17種類もあり、お魚とアーモンド以外の食材と組み合わせてあったり、色んなフレーバーが付いているんですよ~。ヽ(゚Д゚ )ノ オオッ!

ということで、私もどれを買おうか悩んだのですが、今回買ったモッツァレラチーズバターなんて、小魚ナッツとしては今まで見たことも聞いたこともありませんからね、これは外せないっ!て思ったんです。(-ε-)



P_20201126_121305.jpg

袋を開けてみると、中身はゴマのまぶされた小魚と細切りにされたアーモンド、そして今回はフリーズドライのチーズが入っていました。

また、よく見ると全体にパウダーがまぶしてあるのですが、これはバターミルクパウダーなんですよね。

ちょっと変わっているとは言え、パッと見はまあよくある小魚ナッツという感じだったので、それほどは期待しないで食べてみたのですが、これがちょっと今まで食べたことがあるものとは全然違ったんですよね~。ヽ(`д´;)ノ ニャニィ~!

まず片口イワシですが、食感がサックサク!でとても歯ごたえが良く、程よい甘みがあって、お魚の臭みも大分抑えられている感じなんですよね。

アーモンドもやはり食感がいいのですが、こちらはカリッとしつつもしっとりとしていて、皮が付いていないからか、まるでマカダミアナッツのような上品で上質な風味なんですよね~。エッ(゚Д゚≡゚Д゚)マヂ?

そして今回のフレーバーであるモッツァレラチーズですが、フリーズドライ独特のホロッとした食感で、かなり濃縮された感じのとても濃いチーズの風味がするんです。

モッツァレラチーズというのはあっさりしたイメージがあると思うのですが、これは濃縮されているからか、むしろ熟成されたチーズのような風味がするんですよね。

そうなると、お魚とチーズでちょっとクセが強くなってしまうのでは?と思いそうですが、そこで全体にまぶされているバターミルクパウダーがいい仕事をしているんですよ~。

バターミルクパウダーはとてもまろやかな風味なので、これが上品なアーモンドにとても合っているのと、お魚やチーズの強い風味をやわらげている感じがして、本当にバランスのいい組み合わせだと思いました。

ということで、体にいいだけでなく、味も予想以上にとても美味しかったので、これはもう他のフレーバーも絶対食べてみたいと思いました。(^o^)

女性向けっぽいフレーバーも多いですが、17種類もあるだけに、男性が好みそうなフレーバーもたくさんありましたよ。

パッケージはジップ付きスタンドパックになっているので保存にも便利だし、これは何種類か買って食べ比べてみてもいいかもしれません。(^。^)




スポンサーリンク


nice!(20) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の5件 | -