SSブログ
スポンサーリンク


おやつ(海外) ブログトップ
前の10件 | -

ショコラマダガスカル ダークチョコレート100% MAVA アンボヒメーナファーム。ヽ(`д´;)ノ ムムッ! [おやつ(海外)]

P_20220326_115102.jpg

ショコラマダガスカルダークチョコレート100% MAVA アンボヒメーナファームです。

ショコラマダガスカルのチョコレートはもう間違いない美味しさとわかっているので、これもちょっと(かなり?)高かったのですが、たまっているポイントをエイ!ヤー!!と使って買ってしまいました。(゚∀゚)

と言っても、これを食べたのは今年の春頃で、ずっとブログに書きそびれていたんですよね。

今回楽天スーパーセールでチョコレートを物色していた時にこのチョコレートを見かけ、すごく美味しかったことを思い出したんです。

昔のメモを探してみたらこのチョコレートの感想が見つかったので、記憶とそのメモを頼りに、忘れないうちに記事にしておこうと思いました。(-ε-)



P_20220326_120306.jpg

このチョコレートはカカオ分100% なのですが、その割には色が明るめで少し赤みがかっているんですよね。

正方形のブロック状に分かれていて、シンプルでクラシカルなチョコレートという感じですよね。



P_20220326_121519.jpg

さてどうかなと、一口食べてみて、いきなり驚きました!ヽ(`д´;)ノ ニャニッ!

というのは、これはカカオ分100%なのに、質感がものすごくなめらかなんですよ~。ヽ(゚Д゚ )ノ オオッ!

普通はここまでカカオ分が高いと、少しざらつきが残っているものが多いんですが、これは原材料がカカオ豆のみとは信じられないくらいになめらかだったんですよね~。(*´∀`*)

味はマダガスカル産らしい酸味がはっきりとしていて、苦味もカカオ分100%なのでそれなりに強いんですが、このなめらかな質感のせいか、むしろまろやかにさえ感じるんですよね~。ヽ(゚Д゚;)ノ マジデ?

カカオ分100%でこのなめらかさ、まろやかさはドモーリ以来じゃないかと思えるくらいだったので、やっぱりこのショコラマダガスカルのチョコレートは今年も要チェックだと思いました。(-ε-)/




スポンサーリンク


nice!(8) 
共通テーマ:グルメ・料理

ロアカー クワドラティーニ ピーナッツバター。(´~`) ウマウマ [おやつ(海外)]

P_20221118_151910.jpg

ロアカーのクワドラティーニ ピーナッツバターです。

まずこれを紹介する前に、気付いている方もいるんじゃないかと思うのですが、最近メーカー名がローカーからロアカーに変わっているんですよね。

去年あたりからネットで検索すると、なぜかロアカーと表記されているお店が増えていて、最初は間違いだろうと思っていたのですが、2021年から日本語名称をローカーからロアカーへ変更したと、公式でお知らせしていたようなんです。エッ(゚Д゚≡゚Д゚)マヂ?

私の中ではもうローカーで定着していますからね、今さらロアカーとは言いにくいのですが、文字表記では公式に従ってロアカーにしておこうと思います。(-ε-)

ということで、ロアカーのクワドラティーニの新商品ですが、今回はなんとピーナッツバターなんですよね~。ヽ(゚Д゚;)ノ エエッ!

ピーナッツバターなんて特別珍しいフレーバではないかもしれませんが、ロアカーのウェハースはココナッツオイルやヘーゼルナッツを使っているのが特徴なので、私が知っている限りナッツ系のフレーバーは今までなかったんですよね。

ピーナッツバターではあのロアカー独特の美味しさがなくなってしまうのでは?と思ったのですが、それでも試さずにはいられなかったので、やはり買ってみることにしたんです。



P_20221118_152158.jpg

いつものような一口サイズの形状です。

ウェハースは崩れやすくて食べにくかったりもしますが、この大きさなら一口で食べやすくていいんですよね。(^。^)



P_20221118_152242.jpg

一口サイズで分厚い分、断面には4層もクリームがサンドされているんですよね。ヽ(゚Д゚ )ノ オオッ!

見た目はいつも通りですが、味はどうかなと食べてみると、・・・これは予想外に思いっきりロアカーです!いつものロアカーの美味しさです。ヽ(^o^)ノ ワ~イ

もちろんピーナッツバター独特の風味はするのですが、ウェハースはサクサク、クリームは濃厚でとても美味しく、唯一無二のロアカーの美味しさが今回もあるんです。

もしかしてピーナッツバターを使っていても、ココナッツオイルも併用しているのかなと思って原材料を確認したのですが、今回はやはりココナッツオイルの代わりにピーナッツバターを使っているようなので、ココナッツオイルは使われていないんですよね。

私はロアカーのウエハースの美味しさの秘密はココナッツオイルにあるんじゃないかと思っていたのですが、ココナッツオイルが入っていなくても美味しいなんて、何か他に門外不出の秘密製法でもあるんでしょうかね~。ヽ(`д´;)ノ

ということで、ピーナッツバターフレーバーはとても美味しかったので、この調子でアーモンドクリームなんかも作って欲しいですね。(-ε-)




スポンサーリンク


nice!(18) 
共通テーマ:グルメ・料理

アベイ ノルマンディ バタークッキー。(´~`) モグモグ [おやつ(海外)]

P_20220714_110500.jpg

楽天市場で買ったアベイ ノルマンディ バタークッキーです。

最近大分涼しくなってきたので、クッキーやチョコレートなどの濃厚なお菓子が美味しくなってきましたよね。

クッキーと言っても色んなタイプがあるので、比較的油脂が少なめのあっさりしたものではなく、バターの風味が濃いリッチなタイプのものがこの時期は食べたくなるんですよね。

ただ、日本の市販のクッキーなどは大抵マーガリンか植物油脂が使われているので、バターの風味がしっかり効いたものはあまりないんですよね。(-ε-;)

そこで、海外のお菓子ならあるんじゃないかと思い、楽天市場で探していたところ、このクッキーを見つけたんです。

名称からしてバタークッキーと書いてありますが、これは油脂はバター100%なので、間違いなく濃厚な風味がしそうですよね。

しかも、パッケージも鮮やかな水色と素朴なイラストがとてもステキですからね、これはもう即決で買うことにしたんです。(-ε-)



P_20220714_110733.jpg

箱を開けると、パッケージの写真通りの凝ったデザインのクッキーが出てきました。(^。^)

この写真だと少し微妙な表情にも見えますが、(゚∀゚) きっとかわいらしい男の子の顔なのでしょう。

大きさはiHerb(アイハーブ)でよく売っているようなアメリカンサイズではなく、やや大きめではありますが、至って普通の大きさです。



P_20220714_110806.jpg

早速食べてみると、まずは歯ごたえがサクサクです。(^。^)

iHerb(アイハーブ)のクッキーなどはどこか湿気ているような質感のものも多いですが、これは油脂のしっとり感はあるものの、サクッとしていて食感はとてもいいです。

味も一口食べて濃い~!!ヽ(゚Д゚ )ノ オオッ! と思わず言ってしまったくらい、バターの風味が超濃厚なんです。

おそらくですが、バターだけではなくミルクの風味も濃いからでしょうか、今まで食べた海外のクッキーの中でも一番バターを感じましたね~。ヽ(゚Д゚;)ノ マジデ?

ということで、これからの寒い時期にはピッタリな超リッチで美味しいクッキーだったので、これは冬にもう一回ぐらいは食べておきたいですね。(-ε-)


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

アベイ ノルマンディ バタークッキー(140g)
価格:518円(税込、送料別) (2022/10/22時点)



スポンサーリンク


nice!(15) 
共通テーマ:グルメ・料理

テオアンドフィロ ミルクチョコレート・ツーロン。(゚∀゚;) マニアック! [おやつ(海外)]

P_20220319_143432.jpg

テオアンドフィロ(THEO&PHILO)ミルクチョコレート・ツーロンです。

おさるがこっちを見ているパッケージがとってもいい感じですよね。(-ε-)

テオアンドフィロはここ最近かなり気に入っているチョコレートですが、前回食べたグリーンマンゴー&ソルトがとても美味しかったので、今回また食べたことのないものを買ってみたんです。

と言っても、私は基本的に夏場はチョコレートを食べないので、このチョコレートは買ったのも食べたのも3月なんですよね。

何だかんだと記事に書きそびれていたのですが、今日なんと観測史上最速で梅雨が明けたらしいということで、ますますチョコレートを食べるのには向かない季節になってしまいました。(゚∀゚;)

買うにしてもチョコレートは時期が重要で、冬場はメール便で買うことが出来るので、送料は380円で済みましたが、今買うと1430円もかかってしまうので、紹介しておいてなんですが、買うのは涼しくなってからの方がいいと思います。(-ε-)

ただ、今回紹介するツーロンも含めて、2種類のチョコレートがアマゾンで買うと半額(賞味期限切れのため。)になっていたので、エッ(゚Д゚≡゚Д゚)マヂ? 複数枚買うなら送料分が気にならなくなるかもしれません。



P_20220319_143830.jpg

パッケージを開けると、以前に食べたものと同じように、ちょっと変わった割れ目が入っていました。

この割れ目に沿って割ると小さな三角形に割れるので、見た目がちょっとかわいいんですよね。(^。^)

今回はベースのチョコがミルクチョコレートなので色は明るめですね。

このチョコレートはフィリピンのお菓子であるバナナの揚げ春巻き「ツーロン」をイメージしたチョコレートということで、ドライバナナ、ゴマ、クリスピーキャラメルなどが入っているようです。



P_20220319_144334.jpg

割ってみると、断面にはゴマやドライバナナがそこそこ入っているのがわかります。

早速食べてみると、これだけ具材が混ぜ込まれているだけあって、ゴマの粒々した食感やドライバナナのグニッとした食感が面白い感じです。

バナナやゴマはチョコレートの具材としてはそんなに珍しいものではないので、日本にもそれらを具材に使ったチョコレートというのはありますよね。

だがしかし!今回のものは風味が全然違ったんですよ~!ヽ(`д´;)ノ ニャニィ~!

おそらくバナナ風味だと思うんですが、すごく濃くてマニアックな風味というか、ちょっと日本のお菓子にはない味というか、独特な風味がしたんですよね~。

南国フルーツの濃厚でちょっと臭いような風味が近いとは思うのですが、それに加えて熟しすぎたバナナのこげ茶色っぽい風味(?)もして、とにかくかなり個性的な風味なんです。

そう言えばちょっと思い出しましたが、以前にiHerb(アイハーブ)で買ったことのあるバナナチョコレートがこれと似た風味だったと思います。

ただ、アイハーブの方はそれほど美味しいわけではなかったのですが、今回のものはこのマニアックな風味にもかかわらず、すごく美味しかったんですよ~。ヽ(゚Д゚;)ノ マジデ?

ミルクやバターの濃厚な風味とゴマの香ばしい風味が、この独特なバナナの風味と絶妙に合うんですよね~。

日本によくあるバナナチョコとは全然違う風味なので、万人受けはしないかもしれませんが、私はとても気に入りました。ヽ(^o^)ノ ワ~イ

ということで、やはりテオアンドフィロは今後も要チェックですね~。

特に今回のような混ぜ物の入ったフレーバー系はどれもかなり美味しかったので、まだ食べたことのないフレーバーはたくさんありますからね、涼しくなる頃に是非また買いたいと思います。(-ε-)


        


スポンサーリンク


nice!(15) 
共通テーマ:グルメ・料理

エル セイボ ボリビア アソートチョコレート。ヽ(`д´;)ノ ムムッ! [おやつ(海外)]

P_20220211_142515.jpg

エル セイボ ボリビア(EL CEIBO BOLIVIA)アソートチョコレートです。

これは今年のサロン・デュ・ショコラで販売されていたチョコレートですが、私は三越伊勢丹オンラインストアで買いました。

ですので、食べたのは随分前なのですが、何だかんだとモタモタしていたら、記事を書くのがこんなに遅くなってしまいました。(゚∀゚;)

このエル セイボ ボリビアのチョコレートは以前から知っていて、とても食べたいと思っていたチョコレートなのですが、私が買うにはちょっと高級なんですよね~。

買うなら少なくとも2種類は欲しいと思っていたのですが、通常サイズ(80g)のタブレットだと一枚1,500円くらいしますからね、これではちょっと買えないんですよね。(-ε-;)

それが何と、サロン・デュ・ショコラでミニサイズ(20g)で5種類アソートになったものが1,700円で売っていたんですよ~。ヽ(`д´;)ノ ニャニッ!

100gで1,700円は相当高いですが、何年も前から食べたかったものだし、5種類も食べ比べできるならお得かなと思い、思い切って買ってみたんです。



P_20220212_104506.jpg

箱の側面を上にして並べてみたのですが、小さい本の背表紙みたいでちょっとステキなんですよね。

大事なのはもちろん中身ではありますが、見た目がステキだと気分が盛り上がりますよね。(^。^)



P_20220212_115840.jpg

とりあえず最初に3種類食べてみようと思って写真を撮ったのですが、このあと残りの2種類の写真を撮るのをすっかり忘れてしまいました。(-ε-;)

左上がファインダークチョコレート 75%、右上がヘリテイジカカオビーンズ 75%、下がカカオニブ&ウユニソルト 77%だったと思いますが、記事を書くのが遅くなりすぎて、記憶が定かではありません。(゚∀゚;)

ただ、この写真からも少しわかると思いますが、カカオ分があまり変わらないにもかかわらず、色合いは微妙に違うんですよね。



P_20220212_120204.jpg

断面はそれほど違いがなかったので写真はこれ一枚ですが、食べた感想は5種類分ちゃんと書いておきます。(-ε-)


● ファインダークチョコレート 75%
まずこれは質感にちょっと特徴があるのですが、カシッと固くてマットな質感で、口に入れてもなかなか溶けないんですよね。

こういうチョコレートはこれまでも何度か食べたことがありますが、すぐには溶けないので最初は風味をあまり感じないんですが、溶けるにつれて華やかでフローラルなチョコレートらしい風味が広がってくるんです。(^。^)

ただこの風味はそれほどは強くなくて、穏やかな上品でクラシカルな風味なんです。


● ヘリテイジカカオビーンズ 75%
質感が変わっていたのはファインダークチョコレート 75%だけで、こちらは口に入れたら普通に溶けました。

風味も全然違っていて、柑橘系の果実のような酸味があるフローラルでフルーティな風味がするのですが、それでもどこか優しく穏やかな風味なんですよね。

また、ファインダークよりも深みのある味がする感じがしました。


● カカオニブ&ウユニソルト 77%
パッケージを開けた瞬間から赤ワインのような芳香がして、食べてみるとパッと酸味が広がり、5種類の中では一番華やかな風味がしたんですよね~。ヽ(゚Д゚ )ノ オオッ!

おそらくこれはカカオニブが混ぜ込まれているからだと思うのですが、カカオニブはかなり細かい粒状のゾリゾリした食感で、苦味も少しあるので、いいアクセントになっていると思いました。

塩はそれほど強くは感じませんでしたが、粒で入っているのか、時々程よい塩味がしました。


● キヌアレアル&ウユニソルト 75%
キヌアの軽くてポリッとした食感がアクセントになっていますが、塩はこちらもわかりやすく効いている感じではなく、そこはかとない旨みになっている感じでした。

柑橘系のような酸味が少しありますが、比較的穏やかで優しい感じの味で、キヌアの素朴な風味なのか、まるでコーヒーのような風味もしたんですよね。

全ての要素がマイルドで穏やかだからか、他の75%のものよりも気持ち甘く感じました。


● ボリビアンスペシャリティコーヒー 60%
これだけカカオ分が低いので明らかに甘みがありますが、甘いと言っても至って控えめな甘みで、本格的なコーヒーの香りと苦みがあります。

ただ、これにはミルクも使われているので、まろやかでコクのある濃い目のカフェオレのような味がしました。

コーヒーは粒で入っているので時々ガリガリしましたが、特に気になる食感ではありません。


ということですが、このエル セイボ ボリビアのチョコレートは期待していた通りかそれ以上に、とっても美味しかったです。ヽ(^o^)ノ ワ~イ

特にヘリテイジカカオカカオニブ&ウユニソルトはとても気に入ったので、機会があればまた食べてみたいですね。(^。^)


スポンサーリンク


nice!(13) 
共通テーマ:グルメ・料理

リンツ エクセレンス 45%カカオ。(´~`) ナメナメ [おやつ(海外)]

P_20220204_151114.jpg

リンツのエクセレンス 45%カカオ です。

これは数年前に発売されたハイカカオミルクチョコレートシリーズのうちの一つで、これ以外にもカカオ分違いで55%と65%があります。

ハイカカオミルクとありますが、これは最近流行り(?)のダークミルクチョコレートと同じ意味合いだと思います。

一般的なミルクチョコレートよりはカカオ分が高いものの、ミルクも入っているのでダーク(ビター)チョコレートよりはマイルドで食べやすいのが特徴なんですよね。

私は最近このカカオ分の高いミルクチョコレートが好みなので、これも発売されたときはすぐにでも欲しいと思ったのですが、このシリーズはネットだとリンツの公式ショップ以外ではほとんど売っていないんですよね~。(-ε-;)

公式ショップだと送料が700円かかってしまうので、チョコレートをせいぜい2~3枚買うのにその送料は高いなと思い、ずっと買いそびれていたんです。

それが今回、メルカリで出品されていたのをタイミングよく見つけ、とりあえず45%だけでしたが、買ってみることにしたんです。



P_20220204_151408.jpg

久しぶりにリンツのエクセレンスシリーズを買いましたが、相変わらずのクラシカルでエレガントなデザインがいいですね。(-ε-)

カカオ分が45%ということで、一般的なミルクチョコよりは少し色が暗い気はしましたが、ほぼミルクチョコの色と変わらないですね。



P_20220204_151458.jpg

早速食べてみると、まずこれは思っていたよりも濃厚な感じがしました。

気持ちねっとり感があるというか、市販のチョコレートは大抵は植物油脂が入っているので、比較的あっさりとした感じがしますが、これはカカオバターの濃厚さが出ている感じがしました。

また、 45%とそれほどカカオ分が高くないので、カカオ感よりはミルク感が強く、ビターチョコというよりはミルクチョコという感じがします。

それでも、確かに一般的なミルクチョコよりはカカオの濃さを感じられるので、ハイカカオミルクという感じにはなっていると思います。

気持ちざらつきがある気はしましたが、ミルクの嫌なクセなどはなく、適度な甘みでバランスよく整えられた味という感じで、さすがリンツは間違いないという感じがしました。(^。^)

ただ、個人的にはもう少しカカオ感が強い方がいいと思っていたので、私は本当は65%の方が欲しかったんですよね。

でもないならしょうがないよね、と思いつつ、またメルカリを見ていたら、なんとこれを買った一週間後に65%の方も出品されていたので、こちらも買うことが出来たんですよ~。ヽ(゚Д゚;)ノ マジデ?

ですので、65%の方もここで紹介しようと思っていたのですが、まさかの写真を撮り忘れてしまったので、(゚∀゚;) 証拠写真はありませんが、食べた感想だけは書いておこうと思います。

65%は45%に比べると明らかにカカオ感が強く、甘さもかなり控えめでした。

ここまでカカオ分が高くなると、やはりミルクチョコというよりはビターチョコという感じがしますが、それでもミルクの優しさ、穏やかさを感じられ、ビターチョコにしてはかなり食べやすいと思います。

ただ、65%の方はカカオの濃さは感じるものの、カカオ独特の風味はあまりないので、カカオのフルーツやフローラル感を期待するとちょっと物足りなく感じるかもしれません。

とは言え、リンツのチョコレートはあえてこのような誰にでも好まれる風味、かつ上品で上質な感じに仕上げているのだと思うので、これはこれでとても美味しいと思いました。(^。^)

ということで、私の好みに近いのは65%の方でしたが、45%の方もとても美味しかったので、お好みでどれか選んでみるといいかもしれません。(-ε-)




スポンサーリンク


nice!(19) 
共通テーマ:グルメ・料理

ショコラマダガスカル ミニタブレット 10種アソートB。ヽ(゚Д゚ )ノ オオッ! [おやつ(海外)]

P_20210308_120522.jpg

ロベールショコラマダガスカル ミニタブレット 10種アソートBです。

以前にこれのバージョン違いを食べたことがあるのですが、その時のものとは種類が違うようだったので、こちらも買ってみることにしたんです。

とは言っても、実はこれを買ったのは去年の今頃だったんですよね。

去年は色々あってブログを書く時間もあまり取れなかったので、このチョコレートの記事も書きそびれてしまっていたんですよね。(-ε-;)

それがどうして今になって書こうと思ったのかと言えば、最近このアソートセットの中の2種類を大きいタブレットで再購入したからなんです。

その2種類というのは去年に食べてかなり美味しかったものなのですが、今回食べたら改めてすごく美味しいと思ったので、やはりこのチョコレートの記事は書いておきたいと思ったんです。



P_20210308_122025.jpg

この写真だと大きさがわかりにくいですが、一枚あたりは5g しかありません。

それでもこのようにブロック状に分かれているので、チビチビと食べ比べをするには便利なんです。(-ε-)



P_20210308_122811.jpg

前回とは違い今回は10個全部違う種類が入っていました。

まずはホワイトとダークミルクの5種類ですが、左上がホワイトゴールド45%、右上がホワイトゴールド45%マダガスカルシナモン、真ん中がダークミルク65%、左下がホワイトゴールド45%イランイラン、右下がダークミルク80%です。

今回は日本では定番のミルクチョコは入っていませんでしたが、その代わりかホワイトチョコが3種類も入っていました。ヽ(゚Д゚ )ノ オオッ!

私の好きなダークミルクチョコもカカオ分違いで2種類あるので、これはかなり購入のポイントになりました。(^。^)

早速食べた感想ですが、10種類もあるので簡単にまとめてみました。

● ホワイトゴールド45%
海外のホワイトチョコの割にはミルクのクセがほとんどなく、甘さも控えめでスッキリしていました。前回食べたホワイトチョコよりもカカオ分が高いせいでしょうか?随分印象が違うように感じました。

● ホワイトゴールド45%マダガスカルシナモン
まるでコショウのようなパッと香り立つ個性的な風味がしました。これはおそらくシナモンの風味だとは思いますが、カカオバターの風味と合わさっているせいなのか、よくあるシナモンとは全然違う風味に感じました。

● ホワイトゴールド45%イランイラン
かなり特徴のある風味がしました。すごくフローラルで高貴な風味がお口いっぱいに広がるという感じで、こういう香りは女性が好みそうな気はしますが、ちょっと好みの分かれる風味じゃないかと思いました。

● ダークミルク65%
一口食べてちょっと驚きました。口どけがとてもなめらかで透明感さえ感じるような質感なんです。ヽ(`д´;)ノ ニャニッ! 味もナッティーでミルキーなので全然苦味を感じなく、それでいてミルクのクセはほどんどなくて甘さもかなり控えめなんです。


● ダークミルク80%
ほんのりカカオの酸味を感じますが、カカオ分80%とは思えないほどのまろやかさがあります。65%よりはカカオの苦味もあると思いますが、それでも十分食べやすいと思います。



P_20210309_120442.jpg

続いてビターチョコ5種類ですが、左上がダーク65%ピンクペッパー、右上がダーク70%バニラ、真ん中がダーク70%ヴォイビナニー農園、左下がダーク75%マヴァ農園、右下がダーク85%マヴァ農園です。

● ダーク65%ピンクペッパー
まさにピンクペッパー!という感じの奇抜とも取れるような強いコショウの風味がパッと香り立ちます。ただ、それでもどこか繊細な風味がするのはこのシリーズに共通する特徴でしょうか。

● ダーク70%バニラ
とてもなめらかな質感で、程よい苦味はあるものの、まるでミルクチョコのようになめらかでミルキーな感じがしました。バニラの風味も日本のよくあるバニラ香料の香りではなく、ちょっと渋い感じの本格的なバニラの香りがすると思いました。

● ダーク70%ヴォイビナニー農園
はちみつのようなちょっと変わった風味が少ししますが、これと言った際立った特徴はなく、苦味はそこそこで酸味はあまりなく、比較的まろやかで食べやすいと思いました。

● ダーク75%マヴァ農園
マダガスカル産らしい明らかな酸味があり、少しだけ渋みや苦味もあるのですが、質感がとてもなめらかでダークミルク65%と同じような透明感を感じるので、カカオ分75%にしてはまろやかなんですよね~。(*´∀`*) ホワ~


● ダーク85%マヴァ農園
75%の方よりも酸味、苦味、渋みが強く、カカオの重厚感がありますが、それでも十分なまろやかさやなめらかさがあります。


ということですが、今回のアソートセットを食べて感じたのは、前回よりも品質が上がっているんじゃないか?ということです。

前回食べた時も、どこか丁寧に作られた上質なチョコレートというのは感じたのですが、若干ミルクのクセが気になったり、今回のいくつかのチョコにある透明感などは感じなかったんです。

種類が違うので単純に比較は出来ないかもしれませんが、それにしても、より品質の高い美味しいチョコレートを目指しているという感じがしたので、このメーカーのチョコレートは今後も要チェックだと思いました。(^。^)

ちなみに、最初に私がこの中の2種類を大きいタブレットで再購入したと書きましたが、それは思わずお顔マークが出たダークミルク65%ヽ(`д´;)ノ ニャニッ!ダーク75%マヴァ農園(*´∀`*) ホワ~です。(-ε-)




スポンサーリンク


nice!(13) 
共通テーマ:グルメ・料理

テオアンドフィロ アルチザンミルクチョコレートとダークチョコレート・グリーンマンゴー&ソルト。(´~`) ウマウマ [おやつ(海外)]

P_20211110_124412.jpg

テオアンドフィロ(THEO&PHILO)アルチザンミルクチョコレートダークチョコレート・グリーンマンゴー&ソルトです。

テオアンドフィロのチョコレートは以前に別の種類を食べたことがあり、とても気に入っていたのですが、ちょっと値段が高いこともあって、そうしょっちゅうは買えないんですよね。(゚∀゚;)

それに、夏場はチョコレートはメール便で買うことが出来ないので、商品に対して送料がかかり過ぎるのもネックになって、ずっと買いそびれていたんですよね~。(-ε-;)

それがようやく寒くなってきてメール便で買えるようになったので、思い切って久しぶりに買ってみることにしたんです。(-ε-)



P_20211110_125032.jpg

パッケージを開けると、このようなちょっと変わった割れ目の入った凝ったデザインになっています。

こちらはミルクチョコレートの方ですが、カカオ分が44%ということもあり、よくあるミルクチョコレートよりは色が濃い目ですね。

最近ミルクとダークの中間のダークミルクチョコレートというのをよく見かけるようになりましたが、これはミルク寄りのダークミルクチョコレートということになるでしょうか。



P_20211110_124904.jpg

こちらはダークチョコレートで、カカオ分は65%なので色は大分濃いですね。

ダークチョコレートにしてはカカオ分はそれほど高くないですが、こちらはミルクは入っていないので、ダークミルクチョコレートではありません。



P_20211119_131120.jpg

まずはプレーンのミルクチョコレートの方から食べてみましたが、確かにこれはミルクチョコレートにしてはカカオが濃い感じがします。

カカオも濃いですが、ミルクも濃厚な感じがするので、よくある日本のミルクチョコレートよりは濃厚に感じます。

また、ミルクは少し海外のミルク特有のクセがある感じはしますが、欧米のクセのあるミルクチョコレートよりはかなり食べやすいと思いました。

テオアンドフィロはフィリピンのチョコレートメーカーで、自国で収穫された原材料だけでチョコレートを作っているということです。

牛乳や牛肉は育っている地域(エサの違い?)によって全然味が違いますからね、その差がミルクにも出ているのでしょうか?

そのせいか私はミルクチョコレートに関しては、断然日本のチョコレートが美味しいと思っているのですが、今回のミルクチョコレートは海外の中では結構食べやすいし美味しいと思いました。(^。^)



P_20211119_130434.jpg

そしてこちらのグリーンマンゴー&ソルトの方ですが、こちらは断面にゴロゴロとマンゴーが混ぜ込まれているのが見えます。ヽ(゚Д゚ )ノ オオッ!

これだけ入っていると味にもはっきりとこの風味が出ていて、フルーティで甘酸っぱいんですよね~。

マンゴーは南国フルーツ特有のクセというか臭みがあるので、私は若干苦手なのですが、これはなぜかそういう臭みが全くなかったんです。エッ(゚Д゚≡゚Д゚)マヂ?

また、ビシッと効いている塩がアクセントになっていて、この2つが程よい苦味のあるダークチョコレートととても相性がいいんですよ~。

塩チョコレートというのも今や定番ですが、これは今まで食べた塩チョコレートの中では一番絶妙な味のバランスで、とっても美味しかったです。ヽ(^o^)ノ

ということで、テオアンドフィロのチョコレートは特にフレーバー系が美味しいと思ったので、また次の機会にまだ食べたことのないものを買ってみようと思っています。(^。^)

ちなみに、このチョコレートはよく売り切れていて、今の時点でも今回私が食べた種類は売り切れてしまっていますが、ヽ(`д´;)ノ ナンデスト! 多分そのうち入荷すると思うので、気になる方は定期的にチェックしてみてくださいね。(-ε-)


        


スポンサーリンク


nice!(15) 
共通テーマ:グルメ・料理

テオアンドフィロ ミルクチョコレート・バラココーヒー。(*´∀`*) [おやつ(海外)]

P_20210109_145226.jpg

先日の記事の続きですが、テオアンドフィロ(THEO&PHILO)ミルクチョコレート・バラココーヒーです。

今回はこの右側のかわいいネコさんのパッケージの方のチョコを食べてみました。



P_20210109_145310.jpg

この真っ白いネコさん、とってもかわいいですよね~。(*´∀`*)

いい感じのピンクの背景もすごく気に入ってしまい、これは絶対欲しいって思ったんですよね。

私は基本的にはチョコレートはカカオ分とかフレーバー重視で選びますが、今回に関してはパッケージもかなり選ぶ決め手になりました。



P_20210109_151141.jpg

ただ、やはりこのチョコレートを選んだもう一つの理由は、このチョコに使われているバラココーヒーというのにもちょっと興味があったからなんですよね。

バラココーヒーはフィリピンで有名なコーヒーで、強いコクと苦みが特徴ということなんですよね。

強いコーヒーの風味ってミルクやホワイトチョコレートと合いますからね~、これはきっと私好みで美味しいんじゃないかと思ったんですよね。(-ε-)



P_20210109_151724.jpg

コーヒーフレーバーのミルクチョコということで、私は最初ミルクチョコレートにコーヒー豆が混ざっているタイプかと思っていたのですが、割ってみるとコーヒー豆らしきものは見当たらないんですよね。(-ε-?) ハテ

ということは、コーヒーエキスがチョコレートに混ぜ込まれたタイプかと思って一口食べてみると、これがまた違ったんですよね~。

口の中で溶かすとすぐに気づくのですが、このチョコレートは質感がすごくザラッとしているんです。

あえてそういう風にマットでザラついたような質感を残しているチョコレートもありますが、それにしてもザラザラしすぎじゃない?と思いかけて、そこでようやくこれがコーヒー豆の粒子であることに気付いたんです。

かなり細かく粉砕してペースト状にしたコーヒー豆を混ぜ込んでいるんじゃないかと思いますが、やはり粒子は残るので、口の中でなめ溶かそうとすると、今までに味わったことのないザリザリした食感なんですよね~。(゚∀゚;)

ただ、それでも味の方もちょっと今まで味わったことのないようなコクのあるコーヒー風味がして、すご~く美味しかったんですよ~。ヽ(゚Д゚;)ノ マジデ?

本格的なコーヒーの風味がして、まるで濃いカフェラテでも飲んでいるような味がするんです。

基本的にはミルクチョコレートなので、甘みはそこそこあるのですが、コーヒーの風味もしっかりしているので、甘過ぎず程よい苦味もあって、これはかなり気に入りましたね~。ヽ(^o^)ノ

なめ溶かした時のザラつきはやや気になりますが、そう言えばこの質感はネコになめられた時の感触とそっくりだなと思ったんですよね。

まさかその感触をイメージして、このネコさんのパッケージにしたわけではないと思いますが、(゚∀゚;) こういう食感も面白いので、このチョコに関してはこれはこれでいいのかなと思いました。

ということで、最初はパッケージが気に入って買ったチョコレートでしたが、味も予想以上に美味しかったので、おそらく他の種類も買ってみると思います。(-ε-)


        


スポンサーリンク


nice!(13) 
共通テーマ:グルメ・料理

テオアンドフィロ 90% ダークチョコレート。ヽ(゚Д゚ )ノ オオッ! [おやつ(海外)]

P_20210109_145226.jpg

テオアンドフィロ(THEO&PHILO)90%ダークチョコレートミルクチョコレート・バラココーヒーです。

テオアンドフィロ(THEO&PHILO)というのはフィリピン初のビーントゥーバーブランドだそうで、今年のサロン・デュ・ショコラにも出店していたようです。

私がこのチョコレートを知ったのは去年の今頃で、アマゾンでチョコレートを物色している時に、なんだかとてもステキなパッケージのチョコレートを見かけたんです。

種類もたくさんあって、いくつかすごく欲しいものはあったのですが、値段が結構高かったので、その時はちょっと保留にしてしまったんですよね。(-д-;)

でも一年経ってまた見かけたら、やはりこれはどうしても欲しくなり、特にパッケージが気に入った2種類を買ってみることにしたんです。



P_20210109_145259.jpg

その一つがこのクジャク(?)のパッケージのカカオ分90%のダークチョコレートなのですが、微妙なグレー~青の色合いとデザインがとってもステキですよね~。(*´∀`*)



P_20210109_151141.jpg

パッケージもステキでしたが、中身のチョコレートもちょっと凝ったデザインなんですよね。

よくあるチョコレートは四角く割れるようになっていますが、このチョコレートは割れ目に沿って割ると三角形になるので、その形もちょっとステキなんですよね。

この写真はバラココーヒーの方ですが、90% ダークの方もデザインは同じです。

色はこちらの方が大分明るいですが、90%の方もカカオ分が高い割には明るめの色でした。(下の写真は90%の方です。)



P_20210109_151832.jpg

まずは90%ダークチョコレートの方から食べてみたのですが、まずこのチョコレートは食べる前から割る時のクラック音がとってもいいんですよ~。

以前はチョコレートを割る音にそんなに違いなんてある?って思っていたんですが、確かに時々妙にパキッと小気味いい手ごたえと音がするものがあるんですよね。エッ(゚Д゚≡゚Д゚)マヂ?

思わずパキパキ全部三角に割ってしまいたくなりましたが、(゚∀゚) そこはグッとこらえてとりあえずひとかけら食べてみると、これがまたちょっと意外な味と質感だったんですよね~。

カカオ分もここまで高くなると、大抵は少しマットで若干ざらついたような質感になることが多いですが、これは口どけがかなりなめらかで、マットどころか透明感を感じるような質感なんですよね~。ヽ(゚Д゚ )ノ オオッ!

味の方もまず鼻に抜けるウッディで香ばしい風味がして、酸味はやや強めですが、カカオ分90%にしてはまろやかな味なんですよね。

甘みはわずかなので、全体的な味は純粋に美味しいという味ではないかもしれませんが、カカオ分が高いチョコレートとしては、かなりレベルの高いチョコレートじゃないかと思いました。

ということですが、また記事が長くなってきたので、バラココーヒーの方は後日書こうと思います。(-ε-)


スポンサーリンク


nice!(15) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の10件 | - おやつ(海外) ブログトップ