SSブログ
スポンサーリンク


おやつ(海外) ブログトップ
前の10件 | -

テオアンドフィロ ミルクチョコレート・バラココーヒー。(*´∀`*) [おやつ(海外)]

P_20210109_145226.jpg

先日の記事の続きですが、テオアンドフィロ(THEO&PHILO)ミルクチョコレート・バラココーヒーです。

今回はこの右側のかわいいネコさんのパッケージの方のチョコを食べてみました。



P_20210109_145310.jpg

この真っ白いネコさん、とってもかわいいですよね~。(*´∀`*)

いい感じのピンクの背景もすごく気に入ってしまい、これは絶対欲しいって思ったんですよね。

私は基本的にはチョコレートはカカオ分とかフレーバー重視で選びますが、今回に関してはパッケージもかなり選ぶ決め手になりました。



P_20210109_151141.jpg

ただ、やはりこのチョコレートを選んだもう一つの理由は、このチョコに使われているバラココーヒーというのにもちょっと興味があったからなんですよね。

バラココーヒーはフィリピンで有名なコーヒーで、強いコクと苦みが特徴ということなんですよね。

強いコーヒーの風味ってミルクやホワイトチョコレートと合いますからね~、これはきっと私好みで美味しいんじゃないかと思ったんですよね。(-ε-)



P_20210109_151724.jpg

コーヒーフレーバーのミルクチョコということで、私は最初ミルクチョコレートにコーヒー豆が混ざっているタイプかと思っていたのですが、割ってみるとコーヒー豆らしきものは見当たらないんですよね。(-ε-?) ハテ

ということは、コーヒーエキスがチョコレートに混ぜ込まれたタイプかと思って一口食べてみると、これがまた違ったんですよね~。

口の中で溶かすとすぐに気づくのですが、このチョコレートは質感がすごくザラッとしているんです。

あえてそういう風にマットでザラついたような質感を残しているチョコレートもありますが、それにしてもザラザラしすぎじゃない?と思いかけて、そこでようやくこれがコーヒー豆の粒子であることに気付いたんです。

かなり細かく粉砕してペースト状にしたコーヒー豆を混ぜ込んでいるんじゃないかと思いますが、やはり粒子は残るので、口の中でなめ溶かそうとすると、今までに味わったことのないザリザリした食感なんですよね~。(゚∀゚;)

ただ、それでも味の方もちょっと今まで味わったことのないようなコクのあるコーヒー風味がして、すご~く美味しかったんですよ~。ヽ(゚Д゚;)ノ マジデ?

本格的なコーヒーの風味がして、まるで濃いカフェラテでも飲んでいるような味がするんです。

基本的にはミルクチョコレートなので、甘みはそこそこあるのですが、コーヒーの風味もしっかりしているので、甘過ぎず程よい苦味もあって、これはかなり気に入りましたね~。ヽ(^o^)ノ

なめ溶かした時のザラつきはやや気になりますが、そう言えばこの質感はネコになめられた時の感触とそっくりだなと思ったんですよね。

まさかその感触をイメージして、このネコさんのパッケージにしたわけではないと思いますが、(゚∀゚;) こういう食感も面白いので、このチョコに関してはこれはこれでいいのかなと思いました。

ということで、最初はパッケージが気に入って買ったチョコレートでしたが、味も予想以上に美味しかったので、おそらく他の種類も買ってみると思います。(-ε-)


        


スポンサーリンク


nice!(13) 
共通テーマ:グルメ・料理

テオアンドフィロ 90% ダークチョコレート。ヽ(゚Д゚ )ノ オオッ! [おやつ(海外)]

P_20210109_145226.jpg

テオアンドフィロ(THEO&PHILO)90%ダークチョコレートミルクチョコレート・バラココーヒーです。

テオアンドフィロ(THEO&PHILO)というのはフィリピン初のビーントゥーバーブランドだそうで、今年のサロン・デュ・ショコラにも出店していたようです。

私がこのチョコレートを知ったのは去年の今頃で、アマゾンでチョコレートを物色している時に、なんだかとてもステキなパッケージのチョコレートを見かけたんです。

種類もたくさんあって、いくつかすごく欲しいものはあったのですが、値段が結構高かったので、その時はちょっと保留にしてしまったんですよね。(-д-;)

でも一年経ってまた見かけたら、やはりこれはどうしても欲しくなり、特にパッケージが気に入った2種類を買ってみることにしたんです。



P_20210109_145259.jpg

その一つがこのクジャク(?)のパッケージのカカオ分90%のダークチョコレートなのですが、微妙なグレー~青の色合いとデザインがとってもステキですよね~。(*´∀`*)



P_20210109_151141.jpg

パッケージもステキでしたが、中身のチョコレートもちょっと凝ったデザインなんですよね。

よくあるチョコレートは四角く割れるようになっていますが、このチョコレートは割れ目に沿って割ると三角形になるので、その形もちょっとステキなんですよね。

この写真はバラココーヒーの方ですが、90% ダークの方もデザインは同じです。

色はこちらの方が大分明るいですが、90%の方もカカオ分が高い割には明るめの色でした。(下の写真は90%の方です。)



P_20210109_151832.jpg

まずは90%ダークチョコレートの方から食べてみたのですが、まずこのチョコレートは食べる前から割る時のクラック音がとってもいいんですよ~。

以前はチョコレートを割る音にそんなに違いなんてある?って思っていたんですが、確かに時々妙にパキッと小気味いい手ごたえと音がするものがあるんですよね。エッ(゚Д゚≡゚Д゚)マヂ?

思わずパキパキ全部三角に割ってしまいたくなりましたが、(゚∀゚) そこはグッとこらえてとりあえずひとかけら食べてみると、これがまたちょっと意外な味と質感だったんですよね~。

カカオ分もここまで高くなると、大抵は少しマットで若干ざらついたような質感になることが多いですが、これは口どけがかなりなめらかで、マットどころか透明感を感じるような質感なんですよね~。ヽ(゚Д゚ )ノ オオッ!

味の方もまず鼻に抜けるウッディで香ばしい風味がして、酸味はやや強めですが、カカオ分90%にしてはまろやかな味なんですよね。

甘みはわずかなので、全体的な味は純粋に美味しいという味ではないかもしれませんが、カカオ分が高いチョコレートとしては、かなりレベルの高いチョコレートじゃないかと思いました。

ということですが、また記事が長くなってきたので、バラココーヒーの方は後日書こうと思います。(-ε-)


スポンサーリンク


nice!(15) 
共通テーマ:グルメ・料理

ローカー クワドラティーニ ブルーベリーヨーグルト。(´~`)モグモグ [おやつ(海外)]

P_20200210_113249.jpg

ローカーのクワドラティーニ ブルーベリーヨーグルトです。

だいぶ前にこれとよく似たラズベリーヨーグルトというのを食べたことがありますが、フルーツ系のフレーバーは久々だったので、試しに買ってみることにしました。



P_20200212_150427.jpg

ローカーのクワドラティーニシリーズは、このようなキューブ型の一口サイズになっています。

個人的にはこれでも少し大きいと思っているので、私はこれをナイフで4等分にしてからチビチビつまんでいます。(-ε-)



P_20200212_150644.jpg

断面には自然なブルーベリーの色をしたクリームがたっぷりとサンドされています。(^。^)

食べてみると、なるほど、本物のブルーベリーにあまり酸味はありませんが、これもごく自然なブルーベリーの風味という感じで、クエン酸で付けたようなわざとらしい酸味などはありません。

それでもフルーツやヨーグルトのほのかな酸味とフルーティな風味があり、まろやかで濃厚なクリームがとっても美味しいです。(^。^)

以前に食べたラズベリーヨーグルトの方は、確かこれよりは酸味が強かったと思いますが、こちらは酸味は弱めなので、フルーツの酸味が苦手な方にはこちらがおススメじゃないかと思います。

というところで、ローカーのウエハースは新フレーバーが続々と出ていますが、個人的な希望としてはミルクティーなどの紅茶系、それにピスタチオなんかは是非出して欲しいと思っているんですよね。

以前に抹茶を出して欲しいと書いたら、数年後に実現しましたからね~、願えばきっと叶うに違いないと、調子に乗って願掛けしておこうと思います。(-ε-)




スポンサーリンク


nice!(18) 
共通テーマ:グルメ・料理

ラーカ オーガニックバーボンキャス ローチョコレート。(^。^) [おやつ(海外)]

P_20200108_154629.jpg

アマゾンで買ったラーカ オーガニックバーボンキャス ローチョコレートです。

私はこのチョコレートをアマゾンで買ったのですが、実は今月開催されるサロン・デュ・ショコラにも出品されているチョコレートなんです。エッ(゚Д゚≡゚Д゚)マヂ?

サロン・デュ・ショコラと言えば、世界中の素晴らしいチョコレートが集まる祭典ですからね~、チョコレート好きにはたまらないイベントですよね。

一度は行ってみたいとは思っているのですが、年を追うごとに大盛況ということで、会場に行くのはちょっと大変な気がするので、私はまだ行ったことがないんですよね~。(-ε-;)

ただ、サロン・デュ・ショコラで販売されるチョコレートはネットなどでも買うことが出来ますからね、私もすでに伊勢丹のオンラインストアでいくつか購入済みなんですよね。(-ε-) ムホホ

今回買ったチョコレートに関しては、たまたまアマゾンでも取り扱いがあったので買ったのですが、サロン・デュ・ショコラのチョコレートがアマゾンで買えるというわけではありません。

また、アマゾンでは商品名がラカカとなっていましたが、公式のサロン・デュ・ショコラのサイトではラーカとなっていたので、私もラーカという表記にしておきました。(-ε-)



P_20200108_154712.jpg

包みを開けると、ちょっと変わった樹皮のような模様をしたチョコレートが入っていました。

真ん中にはロゴが入っていて、ちょっとオシャレな感じです。(-ε-)



P_20200108_155008.jpg

早速食べてみると、まずこのチョコレートはバーボンキャスとあるように、ほわっとお酒のような香りがしたんですよね~。

私はお酒は飲まないので、これがバーボンの香りかはわからないのですが、木の樽やワインのような、とってもいい香りがするんです。(^。^)

カカオ豆本来の香りでも木のような香りがするものはありますが、このチョコレートに関しては、作る過程でカカオ豆をバーボンの樽で熟成させるそうで、その風味がチョコレートにも付いているんですね。

カカオ分82%ということで甘さはかなり控えめですが、苦味や酸味はそれほどは強くなく、比較的食べやすい感じがしました。

全体的には渋くて落ち着いた風味がするので、こういうものはやはりワインやウイスキーをたしなむ男性などが好む味じゃないかと思うのですが、私もこういう風味は好きですね。

ということで、これは結構気に入ったので、ちょっと高級なんですが、出来れば別の種類も買ってみたいですね。(-ε-)


        

スポンサーリンク


nice!(15) 
共通テーマ:グルメ・料理

メナカオ ミルクチョコレート45% マダガスカルバニラとダークチョコレート72%。ヽ(゚Д゚ )ノ オオッ! [おやつ(海外)]

P_20191212_141206.jpg

マンゴロベというお店で買ったメナカオ ミルクチョコレート45% マダガスカルバニラメナカオ ダークチョコレート72%です。

このお店はアフリカの商品を取り扱っているので、このチョコレートもマダガスカル産のカカオ豆を使っているんです。

このお店の違うシリーズのチョコレートは以前に何度か食べたことがあり、品質が良くなかなか美味しいチョコレートだったんですよね。

今回のチョコレートはどうやらシリーズが違うようで、パッケージが独特で目を引きますよね~。

以前に買ったものもマダガスカル産のチョコレートだったので、それほど違いはないかもとは思いつつ、ちょっと気になったので買ってみることにしたんです。

ちなみに、このチョコレートには普通サイズとミニサイズがあったので、今回はミニサイズの方を買ってみました。



P_20191213_120025.jpg

向かって左側のやや明るい色の方がミルクで、右側がダークです。

この写真ではひとかけらずつ割っていますが、ミニサイズはこれが6ブロックあり、1枚丸ごとでも25gしかありません。(値段は25gで378円です。(゚∀゚)



P_20191213_120141.jpg

まずはミルクの方から食べてみたのですが、いきなりちょっと驚かされました。

というのは、これはミルクチョコレートなのに酸味がかなり効いていたんですよね~。エッ(゚Д゚≡゚Д゚)マヂ?

口に入れるとすぐにパッと華やかな酸味が広がったのですが、それでいてミルクチョコレートらしいまろやかで濃厚なミルクの風味もするんです。

口どけもややねっとりとしているのですが、カカオ分45%にしてはカカオの風味が濃く、全体的にかなり濃厚に感じるんです。ヽ(゚Д゚ )ノ オオッ!

以前に食べたシリーズも同じマダガスカル産のチョコレートだったのですが、このような酸味は全くなかったんです。

ところが、今回のものは明らかな酸味があるだけでなく、味もすご~く美味しいんですよ~。

海外のミルクなので若干のクセは感じたものの、それすら気にならなくなるくらいのフルーティで華やかな酸味と美味しさがあるんですよね~。ヽ(^o^)ノ



P_20191213_120156.jpg

これはビターの方も期待できそうだと、ひとかけら食べてみたのですが、こちらはミルク以上のはっきりとした酸味を感じたんですよ~。ヽ(`д´;)ノ ニャニッ!

これだと華やかな酸味というよりは刺激的な酸味という感じでしょうか、こちらは苦味もあるせいか、余計に酸味も強く感じるんですよね~。

カカオ分72%ということで甘みも程よくあるのですが、ここまで酸味が強いとやや食べにくく感じるかもしれません。(゚∀゚;)

ただ、それでもこちらもすごく美味しいというか、カカオ豆のすごみを感じましたね~。ヽ(`д´;)ノ ヌオッ!

この酸味と風味で何らかのフルーツが入っていないとは信じられないくらいで、カカオ豆自体の風味がここまでするチョコレートというのはなかなかないと思います。

ということで、かなり特徴的なチョコレートでしたが、これはかなり気に入ったので、また楽天ポイントがたまったら違う種類も食べてみたいと思いました。(-ε-)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

メナカオ ダークチョコレート72% 【ミニ】25G
価格:378円(税込、送料別) (2019/12/19時点)



スポンサーリンク


nice!(16) 
共通テーマ:グルメ・料理

ボナ(BONNAT)アスファース(Asfarth)。(´~`) ナメラカ~ [おやつ(海外)]

P_20191109_095918.jpg

フランスのチョコレートメーカー、ボナ(BONNAT)のアスファース(Asfarth)というタブレット(板)チョコレートです。

ボナのチョコレートは以前に3種類食べたことがありますが、日本ではあまり見かけないのと値段がとても高いので、なかなか手が出ずにいたんですよね。(-ε-;)

それが今回、たまたまヤフーオークションに比較的安く出品されているのを見つけ、久しぶりにどうしても食べたくなったので、思い切って買ってみたんです。

ちなみに、現在もヤフーオークションで検索すると出てくると思いますが、アマゾンでも同じ出品者が売っているようですね。



P_20191109_115512.jpg

今回のチョコレートはくカカオ分65%なのですが、ビターチョコレートではなくミルクチョコレートという位置付けなんですよね。

日本でも最近ダークミルクというカカオの濃さがありつつも、ミルクのまろやかさもあるチョコレートというのを見かけますが、これもそういう感じなんです。

ミルクチョコレートなので、カカオ分65%にしてはかなり明るい色をしています。

また、海外のチョコレートは板チョコレートと言うよりはブロックチョコレートという感じのものが多く、これも厚みがかなりありました。



P_20191109_115722.jpg/>

早速食べてみたのですが、食べて思い出しました。ボナのチョコレートはまず質感がちょっと違うんですよね~。

すごくなめらかな質感をしているのですが、これがちょっと独特ななめらかさで、なめらかというかヌルヌルというか、不思議な質感をしているんですよね~。(゚∇゚;)

以前はどうしてこんな質感なのかがわからなかったのですが、もしかしたらこれはカカオバターの配合が多いからかもしれません。

というのも、カロリー表示を見てみると一般的なチョコレートよりもカロリーが高いので、これはカカオバターの配合が多いということになりますよね。

もちろん、カカオバターが多いだけでなめらかになるわけではないと思うので、やはりボナ秘伝の製法なんかがあるのかもしれませんが、何にしろこの独特のなめらかさは私は他に食べたことがありません。

そして、肝心の味ですが、これも今回のものはちょっと独特でしたね~。

以前に食べたものなども、カカオ豆の複雑な風味がする本格的な味ではあったのですが、今回はミルクチョコレートということで、まずミルク由来の独特な風味がしたんです。

ミルクというか、これだと白カビ系か何かクセのあるチーズのような風味、もしくはヤギのミルクのようなクセのあるミルクの風味がするんですよね~。(゚∀゚;)

ヤギのミルクと言えば、以前にドモーリの強烈なチョコレートを食べたことがありますが、そこまで強烈な風味というわけではないし、全体的にはミルクのまろやかさがあり、甘さは控えめでとても食べやすいんです。

カカオ分も高めなので、カカオ豆由来のフルーティというかフローラルな風味や気持ちスモーキーな感じもするので、何となくメロンのような風味?とも思ったのですが、何にしろとても美味しかったことは確かです。ヽ(゚Д゚;)ノ マジデ?

ビターチョコのような苦味や酸味はほとんどなく、ミルクチョコのように甘かったりクドイこともないので、ややクセのあるミルクの風味を除けば、私はこのチョコレートはかなり気に入りました。

ただ、この独特の風味があってこそ面白みもあると思うので、これはこれとして、また機会があれば是非ボナのチョコレートは食べてみたいと思いました。(^。^)



スポンサーリンク


nice!(14) 
共通テーマ:グルメ・料理

ローカー ダブルチョコ ミニ。(^。^) [おやつ(海外)]

P_20191022_123253.jpg

ローカーダブルチョコ ミニです。

ローカーのウェハースにはクワドラティーニというキューブ状で容量が多いものと、今回のミニという薄い長方形の少量のサイズのものがあります。

以前はミニシリーズの方は種類が限られていたと思うのですが、最近はほとんどのフレーバーでクワドラティーニとミニの両方あるようなので、とりあえずミニで味見出来るのはとてもありがたいですよね。(^。^)

ローカーのウェハースは6月に新商品の抹茶が出たばかりなので、こんなに早くまた新商品が出るとは思っていなかったのですが、もちろんこちらも食べてみたいですからね、とりあえず今回はミニの方を買ってみました。(-ε-)



P_20191025_131416.jpg

ミニの方は厚みはクワドラティーニの半分くらいなのですが、長さは2.5倍くらいあるでしょうか。これが全部で8枚入っています。

定価だとミニの方が45gで129円、クワドラティーニの方が125g(フレーバーによっては110g)で356円なので、ミニだからと言って割高なわけではないのもうれしいですよね。エッ(゚Д゚≡゚Д゚)マヂ?



P_20191025_131601.jpg

今回はダブルチョコということで、ウェハース生地もサンドされているクリームも、両方とも茶色い色をしていました。

早速食べてみると、クワドラティーニに比べると生地が薄い分、とても軽くてサクサクとした歯ごたえです。

味もクリームの方はいつものローカーの濃くてまろやかな味がして、濃厚なチョコレートクリームという感じでとても美味しいです。(^。^)

ウェハースの方はほろ苦いココアの風味が効いているので、全体的に濃くなりすぎずバランスがいい感じだと思います。

ただ、ダブルチョコというと私はかなり濃い~味を想像していたので、これだと期待とはちょっと違ったかなという感じはしました。

ローカーのチョコ系のフレーバーはこれ以外にも3つもあり、他のものとの違いがあまりないように思うので、これはもう少し特徴を付けても良かったんじゃないかと思いました。

個人的にはココアがガツンと効いたビターなウェハースとマイルドなホワイトクリームの組み合わせか、ほろ苦いオレンジピールの効いたカカオ分80%以上のクリームを使ったビター系なんかが食べてみたいですね。(-ε-)




スポンサーリンク


nice!(17) 
共通テーマ:グルメ・料理

ローカー クワドラティーニ 抹茶。(-ε-) [おやつ(海外)]

P_20190604_153115.jpg

ローカーのクワドラティーニ 抹茶です。

私の大好きなローカーのクワドラティーニシリーズの新商品ですが、ローカーの情報はあまり見かけないので、今回もネットで買い物をしている時に、偶然にこれを見つけたんですよね~。(-ε-;)

しかもまさかの抹茶ということで、4年越しの私の願いがついにかなったという感じなので、これはもうド定価でも速攻買いましたよ~。(-ε-)



P_20190624_154813.jpg

袋を開けてみると、いつものようなキューブ型のウェハースが出てきました。

淡い緑色のクリームが挟まっていて、とてもきれいな色でテンションがあがりますが、この写真だと表面が粉だらけな上に、角が少し取れて丸っこくなってしまっていますよね~。(-ε-;)

興奮して買ったので、写真を撮るのも忘れて食べ始めてしまい、最後の最後で気付いて写真を撮ったのですが、袋の底の方だとこんな感じのちょっと残念な見た目になってしまっていたんですよね。(゚∀゚;)

開けたてはエッジの効いたシャープでスタイリッシュな見た目(?)で、見た目もとってもステキなんですよ。(-ε-)

早速食べてみましたが、相変わらずローカーのウェハースはとても美味しいです。(^。^)

私はローカーのウェハース以外はあまり好きではないのですが、ローカーだけは別格な感じなんですよね~。

サクサク食感のウェハース生地に、濃厚でマイルドなクリームがとても合っているんですよね。(*´∀`*)

ただ、今回は抹茶ということですが、抹茶感が少し弱いというか、抹茶のまろやかさが少なくて渋みが少しある感じがしたんですよね。

これだと抹茶というよりは普通の緑茶という感じがしたので、抹茶ならではのまろやかで濃厚な感じを期待していると、ちょっと違うかなという気はしてしまいました。

渋みというか苦味は少しありますが、甘みもしっかりあるし、抹茶ではないけどクリームのまろやかさや濃厚さはあるので、なんだかんだ言っても美味しいことにはやはり美味しいんですけどね。(^_^;)

ローカーのフレーバーのバリエーションとしても新しい感じだし、色んな種類を買って食べ比べてみると楽しいかもしれません。(-ε-)


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Loacker ローカー クワドラティーニ 抹茶
価格:356円(税込、送料別) (2019/6/30時点)



スポンサーリンク


nice!(29) 
共通テーマ:グルメ・料理

ディックテイラー クラフトチョコレート シングルオリジンシリーズ 72% マダガスカル・サンビラーノ。(*´∀`*) ホワ~ [おやつ(海外)]

P_20181205_154656.jpg

ディックテイラーシングルオリジンシリーズ 72% マダガスカル・サンビラーノです。

このメーカーのチョコレートは去年初めて食べたのですが、それは私が今まで食べたチョコレートの中でもかなり美味しくてインパクトのあるチョコレートだったので、今年も出来れば食べたいと思っていたんです。

出来ればというのは、このチョコレートはかなり高級なので、ビンボ~な私などがまず普段に買うことなんて出来ないんですよね~。(ToT)

それがまた去年と同じくというか、去年以上の割引きになっているのを見つけ、またしてもたまっていた楽天ポイントをつぎ込んで買ってしまいました。(゚∀゚)



P_20181205_154810.jpg

このチョコレートはまずパッケージからして、とても高級感があってステキなのですが、チョコレート自体もこのようにもう芸術作品としか思えないような見た目なんです。ヽ(゚Д゚ )ノ オオッ!



P_20181205_154827.jpg

こういう繊細で緻密な装飾は、女性よりも男性の方が興味をそそられるんじゃないかとも思いますよね。



P_20181206_123408.jpg

見た目も大事ですが、肝心なのはやはり味の方なので、今回はどうかなと思いつつ食べてみましたが、ひとかけら食べて、やっぱりこれは全然違うと思いましたね~。ヽ(`д´;)ノ ムムッ!

今回のチョコレートはマダガスカル産のカカオ豆を使っているということで、酸味が強いのが特徴なので、とてもわかりやすい黄色い果実のようなはっきりとした酸味があるんです。

ただ、その酸味は決して奇抜で食べにくいような酸味ではなく、とても上品で穏やかな酸味のように感じるんですよね。

また、酸味と同時にまろやかさとクリーミィさを感じるという、一見相反するような不思議な風味がするんですよね。

風味というか、これは質感がとてもなめらかなせいもあるとは思うのですが、このまろやかさでカカオ分は72%、ミルクなどは一切使われていないということが驚きなんですよね。ヽ(゚Д゚;)ノ マジデ?

酸味や苦味がありつつも、まろやかなチョコレートというのは、かなり前に食べたドモーリのサンビラーノという、今回と同じ名前のチョコレートくらいです。

ということで、これはシンプルな風味ながらも、期待以上に美味しいチョコレートでした。ヽ(^o^)ノ ワ~イ

ただ、私が買った後しばらくして売り切れてしまったので、今年また入荷するのかがちょっとわかりませんが、(゚∀゚;) すでに新作のチョコレートは入荷しているので、興味のある方は是非チェックしてみてください。(^。^)




スポンサーリンク


nice!(16) 
共通テーマ:グルメ・料理

ベルナシオン マンディアン。(^。^) [おやつ(海外)]

P_20181124_105740.jpg

ベルナシオンマンディアンです。

なぜか最近やたらと高級チョコレートを食べる機会に恵まれているのですが、このチョコレートも高級チョコレート界(?)ではとても有名なベルナシオンのタブレットチョコレートなんです。

私もネットで何度か見かけたことはあり、もうすぐ伊勢丹で開催されるサロン・デュ・ショコラにも毎年出品されている、とても人気のあるチョコレートだそうです。

日本ではまだ販売されていないはずのこのチョコレートを、なぜ私が持っているのかといえば、これはヤフーオークションで手に入れたからなんですよね。

少し前にヤフーオークションで落札金額が半額になるクーポンというのを配っていたので、それで何かいいものはないかと探していたら、たまたまこのチョコレートを見つけたんです。

出品者の方が現地(フランス)で買ったものをオークションに出していたようなのですが、サロン・デュ・ショコラなどでは3千円くらいするチョコレートが2千円ちょっとで出品されていて、しかもそれが半額になりますからね、これはもう買うしかないでしょ?と思ったんですよね。

とは言え、他にも入札している人がいたので、おそらく買えないだろうと思っていたのですが、入札終了日の前日の夜中に入札したら、そのまま私が落札出来てしまったんですよね。ヽ(゚Д゚;)ノ エエッ!

比較的穴場だったんでしょうかね~、何にしろこんな高級チョコレートは一生食べる機会はないかもしれませんからね、ありがたく食べてみることにしました。(-ε-)



P_20181124_110047.jpg

チョコレートにしては珍しい透明なパッケージだったので、一部はすでに見えていましたが、チョコレートには色々なナッツやドライフルーツがトッピングされているんですよね~。ヽ(゚Д゚ )ノ オオッ!

ナッツやドライフルーツはどれも一粒丸ごと贅沢に乗っていて、色とりどりの美しい見た目はまさにチョコレートの宝石箱や~!という感じがしますね。(-ε-)



P_20181124_110017.jpg

裏というか、こちらが普通は表になるんでしょうけれど、このチョコレートの場合はこちらのブロック状になっている方が裏側ということになるんでしょうね。

また、この時点でちょっと気になったのですが、この透明の包みから何かラベンダーのような香りがしていたんですよね。

チョコレートからしているのではなく、あくまでパッケージからしているようだったのですが、これが元から付いていた香りなのか、出品者の方の環境で付いたものなのかは不明です。

ただ、この香りは個人的には苦手なので、すぐに包みは外してしまいましたが。(-ε-;)



P_20181201_131211.jpg

とりあえず割ってみたのですが、このチョコレートは一枚が150gもあるので、大きさだけでなく厚みもすごく分厚いんですよね~。(゚∀゚;)

ブロック状の割れ目は入っているものの、厚さは1cmくらいあるので、うまく割るのはちょっと難しいんですよね。

また、割ってみて気付いたのですが、このチョコレートは中にもアーモンドがぎっしりと詰まっているんですよね。ヽ(゚Д゚ )ノ オオッ!

表面のトッピングだけでも十分な気がするのに、これはうれしいサプライズでした。(^。^)

見た目から値段からすごいチョコレートですからね~、かなり期待してひとかけら食べてみると、・・・・・美味しいことには美味しいのですが、これはちょっと意外な味だったんですよね。

中にたっぷり入っているアーモンドはカラメリゼされていることもあって、ザクザクとした食感が良く、とても香ばしいのですが、甘さは控えめな感じなんです。

チョコレート自体もカカオ分55%ということで、もしかしたら少し甘いのではと思っていたのですが、比較的甘みは抑えられているようで、全体としても程良い甘みでちょうどいいんです。

トッピングされているナッツやドライフルーツはどれも高品質な感じで、どれを食べても自然な味で美味しく、特にヘーゼルナッツはナッツの風味が濃くて、今まで食べたヘーゼルナッツの中では一番美味しかったと思ったくらいです。(^。^)

透明な赤いのはチェリーのようで、最初は昭和の時代の怪しいチェリーの味がするのではと思ったのですが、(゚∀゚;) 食べてみると全然怪しくもなければ不味くもなく、普通に美味しかったんですよね。

というところで、物理的には食べにくいところはあるものの、味はとても食べやすくて美味しいチョコレートだったのですが、このチョコレートには私が期待していたような美味しさはなかったんですよね。(-ε-;)

というのは、私はこれだけ高いチョコレートならば、例えばドモーリのチョコレートのような、カカオ豆の風味を最高に引き出した、すごみのあるチョコレートを期待していたんです。

でも、このチョコレートからはそういうカカオ豆の風味はほとんど感じられず、ただ上質なナッツチョコレートという感じしかなかったんです。

そうなるといくら美味しいとはいえ、3千円はちょっとないな~と思い、後になってネットで検索してみると、ベルナシオンのオンラインショップでこのタブレットを売っているのを見つけたんです。

値段を見てみると、6.9ユーロ・・・何と日本円で900円しないくらいで買えちゃうんですよ~。Σ(=∇=;ノノ エエッッー!!

なるほど、これで納得した気がしました。現地ではちゃんと相応の値段で売っているものが、日本に来ると輸送費などの関係もあるのでしょうが、ちょっとあり得ない値段に跳ね上がってしまっているんですね~。(゚∀゚;)

高く値段を設定することで逆に高級感を出しているのかもしれないし、かえってその方が売れたりもするんでしょうか?

おそらくこれはベルナシオンではなく、日本の販売業者がそういう値段設定にしているんでしょうね。

ということで、日本での値段は高すぎる気はしましたが、チョコレート自体はとても品質が良く、丁寧に作られた美味しいチョコレートのように思ったので、懐に余裕のある方は今年のサロン・デュ・ショコラで探してみるといいと思いますよ。(-ε-)


スポンサーリンク


nice!(21) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の10件 | - おやつ(海外) ブログトップ