So-net無料ブログ作成
スポンサーリンク


ストーク メルシー プチアソート。(-ε-) [おやつ(海外)]

P_20161226_141202.jpg

アマゾンで買ったストーク メルシー プチアソートです。

これは輸入菓子店などでよく見かけますが、7種類のチョコレートがアソートになって入っています。ずっと昔からあると思うので、定番のチョコレートなのかもしれません。

私は今まで一度も食べたことがなかったのですが、今回アマゾンでこれを見つけ、他のチョコレートなども買うと2000円以上のあわせ買いで送料無料になったので、この機会に買ってみることにしたんです。(-ε-)



P_20161226_141642.jpg

7種類入っているということだったので、一応何個ずつ入っているのか数えてみたのですが、見事に7種類3個ずつピッタリ入っていました。



P_20161226_142243.jpg

包みを開けてみると、どの種類にもこのようなメルシーのロゴが入っていました。

大きさは3cm×1.2cm×1.2cmぐらいなので、至って普通の大きさだと思うのですが、海外のサイズからするとプチということになるのかもしれません。(-ε-)



P_20161226_142718.jpg

切ってみると中にはこのようにフィリングが入っているものもあるのですが、何も入っていないプレーンのものもありました。



P_20161226_142800.jpg

これはコーヒーフレーバーということになっていましたが、これだけこのようにホワイトチョコとコーヒーチョコの2層になっていました。

たくさん種類があるので、まずは全て食べてみての全体的な感想ですが、定番のチョコレートらしい無難な味で、ある程度の品質に整えられている普通に美味しいチョコレートだと思いました。

海外のチョコレートなので、ミルク系はちょっと私が苦手な独特なミルクの風味がするのですが、それでも特別強いクセがあるわけではないので、何とか普通に食べられる感じでした。

また、気になる甘さも思っていたよりは甘くなく、特にビター系は甘さ控えめなので、日本人にも合う味じゃないかと思いました。

簡単にですが、それぞれのフレーバーの特徴と感想も書いておこうと思います。

●ミルク・・・プレーンのミルクチョコレートです。海外らしいミルクの独特の風味が少ししました。

●ダーク・・・プレーンのセミビターチョコレートです。甘さが控えめなのと、ミルクも控えめなので、個人的にはミルクよりも食べやすいと思いました。

●コーヒー・・・2層になっているうちのホワイトチョコレートがかなりミルクのクセが強めですが、コーヒー風味の層がある分ミルク臭さが中和されるので、食べやすくなっていると思います。

●ヘーゼルナッツ・・・ヘーゼルナッツのフィリングが入っていますが、なぜかこれが一番甘かった気がします。ナッツの風味もどこか海外っぽい風味がしました。

●プラリーン・・・これはヘーゼルナッツのアーモンドバージョンでしょうか?よくあるナッツ風味のフィリングが入ったチョコレートで、こちらもやや甘みが強かったです。

●アーモンド・・・プレーンのミルクチョコレートに粒々のアーモンドが混ざっていました。これもどこか海外らしいナッツの風味がすると思いました。

●ダークムース・・・セミビターチョコレートの中にムースのような食感のチョコレートフィリングが入っていました。これが一番ビターでクセがなく、一番美味しいと思いました。

ということで、全体的に海外のチョコレートらしい風味がするので、私はあまり好みではない感じだったのですが、(゚∀゚;) 気分によって色んな味を食べられるのはよかったかなと思います。(-ε-)



スポンサーリンク


nice!(15)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 15

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました